みたいもん

トップ > 書評 > 『アップルの法則』はiPod以降のアップルファンへお届けしたい

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2008.04.29

『アップルの法則』はiPod以降のアップルファンへお届けしたい




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの頃からかは定かではありませんが、「iPodを使いたいからパソコン買おうと思うんです」という言葉が、周囲で聞こえるようになりました。

ずっとパソコンを使っているものとしては「お前!今なんていった!」って言いたくもなりますが、それが現実というものです。

それほど、iPodが起こした変化というのは大きかったのです。

「ああ、アップルって昔からコンピューター作ってたんですね」なんていう言葉も、もはやおかしくないと思えるほどの今だからこそ、この『アップルの法則』は読まれるべきだと思います。

アップルの法則 (青春新書INTELLIGENCE 195)
アップルの法則 (青春新書INTELLIGENCE 195)

アップルの法則』を読むと、実によくわかることがあります。アップルはちっとも変わってないし、同時にものすごく変わったということです。

で、こんな本が書けるのは、911直後であったにもかかわらず、初代iPodの発表会に日本からただひとりだけ参加したNobiさんしかいません。

初代iPodは、おそらく私の人生で最速で買うことを決めた商品のひとつです。アメリカで発表されて、日本のストアで買えるようになった瞬間にクリックしてました。まさに迷いゼロ。

アップルがそこに至るまでの道のり、アップルがそこからはじめた道のり。このふたつの道のりは、基本的にすべてこの『アップルの法則』に書かれています。

だから、やっぱりこの本は「iPodを使いたいからパソコン買おうと思うんです」という言葉の似合う世代の人たちに読んで欲しいと思います。

【Nobiさんのアップル4部作の書評】

EP4▼アップルとグーグル 日本に迫るネット革命の覇者
アップルとグーグル 日本に迫るネット革命の覇者

 書評: 『アップルとグーグル』が教えてくれるホームラン.

EP3▼アップルの法則 (青春新書INTELLIGENCE 195)
アップルの法則 (青春新書INTELLIGENCE 195)

 書評: 『アップルの法則』はiPod以降のアップルファンへお届けしたい.

EP2▼スティーブ・ジョブズ 偉大なるクリエイティブ・ディレクターの軌跡
スティーブ・ジョブズ 偉大なるクリエイティブ・ディレクターの軌跡

  書評: 『スティーブ・ジョブズ 偉大なるクリエイティブ・ディレクターの軌跡』というお宝本.

EP1▼iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり
iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり

 書評: 『iPhoneショック』が日本メーカーに教えてくれること.

« 勝手に育ってくれるアドレス帳、Ripplexが面白い | トップページ | 『エマ』という決断の物語が見事に完結 »

投稿:by 2008 04 29 01:58 AM [書評] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/41027036

この記事へのトラックバック一覧です: 『アップルの法則』はiPod以降のアップルファンへお届けしたい:

» 『進化するグーグル』と『アップルの法則』はセット本です from [mi]みたいもん!
グーグルという会社は通常の企業人の感覚からすると、なんともおかしな会社に見えます 続きを読む

受信: Jan 19, 2009 2:27:31 AM

 
We are bloggers.