みたいもん

トップ > 文化・芸術 > 東京アートフェアで現代美術(アート)を売買しよう

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2008.04.06

東京アートフェアで現代美術(アート)を売買しよう




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も東京アートフェアにいってきました。

(招待状ありがとうございました)

リンク: white-screen.jp:アートは購入するモノ。「アートフェア東京2008」開催.

そんな日本での隆盛を垣間見ることができる見本市「アートフェア東京2008」が東京国際フォーラムにて2008年4月4日(金)から6日(日)まで行なわれる。

今年も引き続き有楽町の東京国際フォーラムです。

2007年は、kaikaikikiでポスターを購入しましたが、2008年はどういう感じになったでしょうか。

会場では、今年も現場で絵を描くアーティストもいたりして、会場はいい空気です。

私は『ミヤケマイ』という作家さんの作品がとても気に入ったのですが、掛け軸が中心になっている作品集であることもあり、少し家には大きいんですね。ということで、作品集だけ購入してきました。

個人的いは、現代美術はおもしろいとずっと思っていて、それでたまに作品を購入しています

作家がいろいろな意味で自立するには、作品が購入される機会というのは、増えていかないといけないわけです。そういう意味では、こういったアートを購買する機会が増え、そこに人が集まるといいなあと思うわけです。

2007年も2008年も東京アートフェアには行っており、実は2007年も2008年も知り合いのギャラリーが出展していて、2008年は2007年以上の人の入りだそうです。

どうやら、来年も開催されることは、既に決まっているようですし、アートを買うという文化が、東京に定着していく気配が起きているのは、とてもいいことだと思います。

その影響なのかブームなのか知りませんが、最近現代美術の特集をする雑誌も多く出版されています。

Esquire (エスクァイア) 日本版 2008年 05月号 [雑誌]
Esquire (エスクァイア) 日本版 2008年 05月号 [雑誌]

BRUTUS (ブルータス) 2008年 2/15号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2008年 2/15号 [雑誌]

Pen (ペン) 2007年 11/1号 [雑誌]
Pen (ペン) 2007年 11/1号 [雑誌]

現代美術に免疫のない人たちは、この辺りから入るといいと思います。とりあえず、全部の雑誌を目を通しましたけど、どれもいい特集の組み方をしていました。

ただ、順番としては、PenBRUTUSエスクァイアという順番がいいと思います。ご参考までに。 

« OLPC XOが手元にやってきたんだけどね | トップページ | エンジニアでない人のためのYahoo! Pipes入門 »

投稿:by 2008 04 06 12:04 AM [文化・芸術] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/40776195

この記事へのトラックバック一覧です: 東京アートフェアで現代美術(アート)を売買しよう:

 
We are bloggers.