みたいもん

トップ > ガジェット > やってきたPLEOをオフィスで放し飼いにしています

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2008.05.15

やってきたPLEOをオフィスで放し飼いにしています




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

実はPLEOをモニターとしてお預かりしていたのでした。

Pleo2

 リンク: PLEOとは│PLEO(プレオ)公式ホームページ.

『PLEO』は、ファービー開発の中心人物であるケイラブ・チャン氏、NextSport社元CEOのボブ・クリストファー氏、ルーカスフィルムの元プレジデント、ゴードン・ラドリー氏らを中心に各界の一流が集結しスタートしました。

このPLEOはなんとなく家ではなく職場にあった方がいいんじゃないかと思って、そしてオフィスがレイアウト変更などをしていたせいもあって、届いてから開封まで少し時間が経ってしまいました。

職場の方がいいのではないかというのは、まあPLEOは商品としてはおもちゃに位置づけられているのですが、こういうある程度の大きさで「特にこれという目的もない」ものというのは、コミュニケーションの媒介になるのではないかと思った次第です。

それにしてもオフィスの机におくと、けっこう存在感があります。

PLEOの中身は要するにロボットなので、動作音もけっこうします。動作音はともかく鳴くので、オフィスでスイッチ入れるのは少し勇気がいります。

ただ、スイッチを入れてみると、以下のような反応があって、実に面白い。

  • いっしょに誕生を見届ける人
  • おそるおそる触る人
  • もう情が湧いてしまった人
  • 遠巻きに見る人
  • 名刺を食べさせて怒られる人

▼ご飯を食べているのか、じゃれているのか微妙な感じのPLEO

PLEOにはちゃんとPLEO用のご飯が用意されています。生物に進化をイメージさせる模様が入っています。

さて、どうやらWebで登録するとなにかありそうな感じなので、そっちもテストしてみます。

PLEO
PLEO

« Macで使えるYoutubeダイレクトソフト「Vidnik」 | トップページ | tumblrにひと言追加する意味と価値 »

投稿:by 2008 05 15 11:34 AM [ガジェット] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: やってきたPLEOをオフィスで放し飼いにしています:

 
We are bloggers.