みたいもん

トップ > 書評 > 『ケータイ小説的』と速水出版ラッシュ

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2008.06.03

『ケータイ小説的』と速水出版ラッシュ




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

気鋭のライター速水健朗氏の新書ラッシュが続いています。

ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち
ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち

 リンク: 【A面】犬にかぶらせろ!: ケータイ小説と書店流通のファスト風土化.

これまでに新書として出ているケータイ小説の研究本とは違い、市場論として書いたのではなく、主に文芸批評としてケータイ小説論を書きました。ほかはすべてケータイ小説は文学ではないという結論づけているモノばかりですが、僕はあらかじめ文学であるという前提で書いてます。ひとつよろしくお願いします。

それにしても、いよいよ速水さんがブレイクの予感ですね。

出版ラッシュの第一弾になった『タイアップの歌謡史 』については、そもそもは私とはじめた企画だったりするので、なんだか感慨深いです。

速水さんの著作は、基本的には今起きている事象を世間からすると、別の角度から見ることで、普通に見ていてはわからない事実を紡ぎだそうとしているように見えます。

 リンク: 「まとめ」問題 - 【B面】犬にかぶらせろ!.

あれがただ広告音楽史のトピックを時系列に並べたものと読めるのであれば、それは著者のマジックにはまりすぎだ。

ただ、こうやって持ち上げたりすると、この人はすぐ売れそうもないジャンルにいきそうな気がするので、生暖かく見守りたいと思います。

 リンク: 【B面】犬にかぶらせろ!.

当社比ですが、僕の書いたものの中では一番おもしろいです。でもほんと、一度くらいは増刷がかかる本を出さないと、次につながるチャンスも失われていきそうです。

あ、生暖かくじゃダメなのか!ということで、過去の作品もこれを機会によろしくお願いします。

ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち
ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち

【『タイアップの歌謡史』関連のエントリー】

タイアップの歌謡史 (新書y 167)
タイアップの歌謡史 (新書y 167)

【『自分探しが止まらない』関連のエントリー】

自分探しが止まらない (ソフトバンク新書 64)
自分探しが止まらない (ソフトバンク新書 64)

« 長い時間をかけて産み出された原田知世の「music&me」 | トップページ | 死んでもログは残り、ログは雄弁にわれわれに語りかける »

投稿:by 2008 06 03 03:58 PM [書評] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/41321972

この記事へのトラックバック一覧です: 『ケータイ小説的』と速水出版ラッシュ:

 
We are bloggers.