みたいもん

トップ > いしたにまさきの仕事 > 「ログとストーリー」を原稿でうっかり書きなぐった

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2008.07.15

「ログとストーリー」を原稿でうっかり書きなぐった




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

ログが好きです。なぜなら、ログの裏には必ず人がいるからです。

で、このエントリーはもうこれ以上言うこともないのですが、それじゃあ、あんまりなので、もう少しひも解いてみたのが、以下のメディアサボールへの原稿です。

Loglog

 リンク: ログからストーリーを読み取るために、まずはログに溺れてみよう.

オンラインマーケティングにおいて必須のスキルがいくつかあります。その中で、マーケティング担当者にとってもっとも重要なスキルは、「ログデータからストーリーを読み取る」ことだと考えています。

なんというか、小一時間で、ほぼ一気書きをしてしまったので、若干わかりにくい部分のある原稿になっているかもしれません。

その意味では、編集部の方がつけてくれた関連のリンクがいい作用となっています、ありがとうございます。

で、なんで一気書きしたかというと、そりゃあいつも考えていることだから、というのが理由になるのですが、もうひとつの理由としては、なんとなく今書いておいた方がいいのではないか?と思ったからです。

ログというのは、単なるデータです。でも、それをどう生成し、どう受け取るかはまさにその人のセンス次第。で、そのセンスの感度を最大限にすることをしなくても、ある程度わかるために技術というものは存在しているのだと思います。

って、また一気に色んなことを書き出しそうになってしまったので、ここまでにします。

 リンク: 『ケータイ小説的』が教えてくれる妄想のログとしてのケータイ小説:[mi]みたいもん!.

ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち
ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち

« 『ぐるりのこと』というちょっとずるい映画のこと | トップページ | 1クリックで写真をトイカメラ風にしてくれるナイスソフト、Toycamera Standalone »

投稿:by 2008 07 15 02:54 AM [いしたにまさきの仕事] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/41839520

この記事へのトラックバック一覧です: 「ログとストーリー」を原稿でうっかり書きなぐった:

 
We are bloggers.