みたいもん

トップ > 文化・芸術, 書評 > 『客はアートでやって来る』の肝心なところって?どこ?

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2008.07.03

『客はアートでやって来る』の肝心なところって?どこ?




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

客はアートでやって来る 』これを良書というべきかどうかとても悩んでいます。

題材は完全に一級品。栃木の温泉街にこんな旅館があるのか?と本を読み終わった今でもちょっと信じられないぐらいです。

Daikokuya

 リンク: 板室温泉 大黒屋へようこそ.

正直、この宿に行ってみるまでは、ホントに信じることにはならないでしょう。と書くぐらいなので、この宿に行ってみたくてしょーがないわけです。

客はアートでやって来る
客はアートでやって来る

この大黒屋、普通に考えれば高すぎるアート作品(しかもコンテンポラリー)を数多く購入し、そのアート作品で宿の環境を作り上げることで、高いリピート率を実現し、しかも周囲の旅館が苦労する中で、きっちり黒字経営を続けているという。

これもにわかには信じられない話である。

そして、この『客はアートでやって来る 』を経営者の思想や人となりから読み解こうという本です。納得させられる部分は随所にあります。

アートを経営に活かすという意味では、実は東京にもいいサンプルがあります。

 リンク: Fireking cafe.

実にすかしたカフェなのは間違いないのですが、このアートの展示はホントにいつも素晴らしい。これだけで、充分にこのカフェに足を運ぶ価値があります。

少なくとも、私が足を運んでいる理由の半分はそこ。先日行った際も、上の写真の様な光景でした。

大黒屋は自らアート作品を購入していますが、では、Fireking cafeはどこからこのアート作品を供給しているのでしょう。ちゃんとWebに記載されています。

Firekingcafe

要するにFireking cafeは、カフェの壁をギャラリーとして貸し出ししているのです。その証拠に店内に展示しているアート作品は購入することが可能です。

でも、ちゃんと審査しますからクオリティは保っていますし、そもそも店のクオリティが高いので、壁がちゃんとギャラリーとして機能しているんですね。

で、ここがFireking cafeにおけるアート活動の肝なわけです。

そして、話を戻して、『客はアートでやって来る 』の経営者には、たしかにそれだけの特異な旅館を作り上げた人物としてのユニークさについてわかる部分はあります。

でも、だからといって「じゃあなんで黒字なの?」というところには、あまり手が届いていないのです。そこが惜しい。

ホント惜しい。素材は一級品なだけに惜しい。

« posterousはtumblrよりも優れているのかどうなのか? | トップページ | Swurlのタイムラインがなかなかの出来映えよ »

投稿:by 2008 07 03 10:22 AM [文化・芸術, 書評] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/41710669

この記事へのトラックバック一覧です: 『客はアートでやって来る』の肝心なところって?どこ?:

 
We are bloggers.