みたいもん

トップ > 映画・テレビ > 『カンフー・パンダ』CGアーティスト有馬先生インタビュー

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2008.08.28

『カンフー・パンダ』CGアーティスト有馬先生インタビュー




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

わけのわからないご縁というのはあるもので、京都で半日いっしょに観光した通称「ありませんせい」が『カンフー・パンダ』での制作について、インタビューを受けています。

Arima

 リンク: カンフー・パンダ』FXアニメーター 有馬真作さんインタビュー.

「エフェクトって、僕がいつも言うのは、ピザのトッピングのようなものだということです。モデラーがピザの生地を作る係りの人で、アニメーターは重要な味付けをしなければならない。一番重要なのは味付けです。そしてエフェクトは、その上にサラミを乗せたりして、オーブンに入れる役です。焼き加減がやっぱり重要です」。

なんで「ありませんせい」なのかというと、有馬先生は3Dアニメーションの先生だからです。

SOFTIMAGE|XSIテキストブック (Vol.1) 基礎編
SOFTIMAGE|XSIテキストブック (Vol.1) 基礎編

私は京都でごいっしょさせていただいたとき、有馬先生について、それほどのことは知らなかったのですが、CGアーティストだと聞いて、なるほどと思ったことがあります。

「ありませんせい」の荷物はカバンひとつでした。で、そのカバンに入っていたのは、EOS 5Dと赤い線の入った望遠レンズ、ホントそれだけ。

CGアーティストにとって、(特に旅先の)写真というのは、いつ役に立つかわからないけど、貴重な仕事のための資料になるわけで、その写真のクオリティには妥協しないんだなあと、すさまじく感心しました。

で、私みたいに無駄に枚数撮らないんですよ。ときどき立ち止まって、数枚撮るだけ。

やっぱり、絵で飯を食っている人は違うなあと感服することしきり。

ということで、その京都半日観光のときの私の写真を貼り付けておきます。

IMG_3248.JPG by you.

IMG_3274.JPG by you.

IMG_3264.JPG by you.

で、私の下手な写真なんてどうでもいいので、ありませんせーの見事な水中写真のギャラリーをご覧下さい。ホントすごいのひと言。

Arimaphoto

 リンク: Zenfolio | Shinsaku Arima Photography.

京都観光学 改訂版
京都観光学 改訂版

« tumblrがVersion4にアップデート | トップページ | 『SHINKANSEN&LOVE』が手元に届きました »

投稿:by 2008 08 28 02:01 AM [映画・テレビ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 『カンフー・パンダ』CGアーティスト有馬先生インタビュー:

 
We are bloggers.