みたいもん

トップ > デジタルサイネージ, ロギングされる僕ら > Googleストリートビューにサービスとして欠けているもの

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2008.08.11

Googleストリートビューにサービスとして欠けているもの




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleストリートビューに関する違和感というのが、ブログを中心に広がっています。

個人的に、とても賛同できたのは、アンカテさんとたつをさん。

 リンク: グーグルにNO!と言えるニッポン - アンカテ.

これは「日本人はこの事態を前もって予想すべきであった」と読めてしまうと思いますが、私が言いたかったのは「グーグルという会社はそういう会社である」ということです。(最初からそう書くべきでした)

 リンク: [を] この先、Googleストリートビュー的なものは不可避.

個人的には、個人認識情報が見えなければ良いと思っている (人や車などは全部黒塗りして影っぽくすればベスト)。 プライバシーの懸念が日本国内で大きくなれば、 商業地域と幹線道路に限定したサービスとしてもよいかも。 または、建物から何から、ものすごくぼかすとか。

Googleストリートビューは、衛星/航空写真の延長でしかない。
いつかは出てくるもので、登場は不可避であった。
今後は「外の目」を意識した居住空間というのが
今まで以上に求められるようになる。
プライバシーや安全性を重視する人たちは私道の奥に住むことになる
(私道の入り口には厳重なゲートを置いたり)。

特に、たつをさんが言ってることは、かなり共感できるもので、だから「ロギングされる僕ら」というカテゴリーなんかを、このブログに設定しているわけです。

ロギングされる僕ら」というカテゴリーを設定した最初のエントリーで、私は以下のことを書いています。

 リンク: ロギングされる僕ら、ブロードバンドの10大ニュース編.

好むと好まざるとにかかわらず、僕らはどんどんロギングされていく。特に若い世代であれば、なおのことそうだ。NIKE+のRFIDのニュースとか、その他もろもろ、こういうことはどんどん増えていく。しかも、この動きは自分でブログを書くとか書かないとかそういうこととは全く関係なく進んでいくはずだ。

きのう、どこかなにかをしたというだけでも、それはそのままロギングされているということになっていくのだ。

たぶん、この流れからは逃れられない。そうそう、ロギングされる僕らはそのままiPod化する社会ということであってもいい。

以前にモダシン・レディオショーで話したことが、まさにここにかぶってきます(それにしても、この回のおれとモダシンまじでいい話してるよ)。

 ▼直リンク:MSSR_20080406.mp3

 リンク: デジタルサイネージとアドと泥酔と.

さて、広告というのは、デジタルサイネージだの、なんだのというワードがなくても、今後もっと細分化し、もっと生活に入り込んできます。 で、おそらくそれは避けられません(モダシンレディオショーで話しているのは、そういった流れでの話です)。

 リンク: Modern Syntax Radio Show 123回目.

私はこの時にはもうベロベロ酔っぱらってて呂律が全然回っていませんし、何より何を話したのかよく覚えていないという事実があったりします。悲しいです。ごめんなさい。

でも、普通はこういう録音は没にするんですけど、内容がとてもよかったので流すことにしました。そんなわけで私のパートは無視して石谷さんのとても興味深いお話を聞いていただければと思います。

で、上記のものを全部チェックするのは面倒でしょうから、以下に要約してみたいと思います。

で、その要約のために、さっきのたつをさんからの引用の中から、最重要な箇所だけを、さらに抜き出します。

 リンク: [を] この先、Googleストリートビュー的なものは不可避.

プライバシーや安全性を重視する人たちは私道の奥に住むことになる
(私道の入り口には厳重なゲートを置いたり)。

実際、ロギングされることから防衛しようとする人たちは、こうするしかないわけです。そして、そのこと事態をああだこうだいうつもりはちっともありません。

ただし、そういう防衛しようとしたことで、結果的に自分から情報を出すことを制限したことで、わかりやすくという大損する部分というのは、きっちり出てくる。その大損を受け入れることを理解しているのか?ということです。

そして、もうひとつ考えなくてはいけないことは、ロギングした以上、ログデータの運用側のモラルは最低限必要であり、さらにロギングされた人たちにとって、いい方向にいく肉付けであったり、ストーリー設定というものを用意しておくことは、もはや義務とさえ思うわけです。

で、そのストーリー設定がGoogleストリートビュー には決定的に欠けている。そこが、Googleストリートビューに感じている私の違和感(の正体)です。

だから、サービス案内の動画を用意するだけじゃ全くダメで、あまつさえ、「みなさん自由に活用してください」とか言わないでプリーズ!

▼オンラインで街を歩こう。Google マップのストリートビュー

おっと、まだあった。

 リンク: [を] この先、Googleストリートビュー的なものは不可避.

個人的には、個人認識情報が見えなければ良いと思っている (人や車などは全部黒塗りして影っぽくすればベスト)。

そうそう、ログデータと個人認識情報をいかにひもづけるかひもづけないというのも、実は大きな課題で、それについては、また後日書きます。

« 「崖の上のポニョ」というか宮崎駿というプロジェクトのわかりにくさ | トップページ | 磯崎さんというブロガーの面白さの神髄 »

投稿:by 2008 08 11 11:26 PM [デジタルサイネージ, ロギングされる僕ら] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/42128321

この記事へのトラックバック一覧です: Googleストリートビューにサービスとして欠けているもの:

 
We are bloggers.