みたいもん

トップ > 文化・芸術 > 施井泰平展「Binoculars」開催中

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2008.09.02

施井泰平展「Binoculars」開催中




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去にこのブログで何度かとりあげた施井泰平さんの新しい展覧会が開催されるというので、オープニングパーティに行ってきました。

IMG_0235 by you.

どうやら、もろもろで注目を集めているようで、メディアでもいろいろとピックアップされています。めでたいめでたい。

 リンク: art lover - フジテレビ.

「インターネット時代におけるアートのあり方」を問う若手作家、施井泰平さんを紹介。

 リンク: アート情報/絵画・平面(東京)/施井泰平展−−Binoculars.

「インターネットの時代におけるアートのあり方」をテーマに、平面や立体の制作に取り組む。約3000冊の文庫本の背表紙を切り取って板に敷き詰めた幅約4メートルの大型作品は、物質的(表紙)な面と本質的(中身)な面を併せ持つ本の存在を多角的に見つめたもの

 リンク: 文庫本を用いたインスタレーション、施井泰平展『Binoculars』 -art-designニュース

展示タイトルである「Binoculars」とは双眼鏡の意味。2つの別々の視点を合わせて1つのリアリティーを作るイメージで名づけられている。同展では真っ白の大きな本棚を中心にしたインスタレーションを展示予定。

 リンク: 「本棚」を模した壁面インスタレーション展−学芸大学のギャラリーで - 自由が丘経済新聞.

若手現代美術家と して注目される施井泰平さんは1977年生まれ。「インターネットの時代におけるアートのあり方」をコンセプトに、ウェブプロジェクトや美術制作を行って いる。中でも文庫本の背表紙を加工して平面上に敷き詰めた壁面インスタレーション「本棚」シリーズは、建築家の安藤忠雄さんが作品を購入したことで注目さ れ、昨年ニューヨークのトライベッカにオープンしたカフェ「Tokyo Bar」にも同シリーズ作品が収められ話題を集めている。

展覧会の様子を写真で少しだけご紹介。

IMG_0246 by you.

これだとなんのことかわからないとは思いますが、普段見れないものが見れることだけは、お約束します。

いい意味でぼーっとできます。

なお、展覧会の日程は少し変則的なので、ご注意ください。

Yukari

 リンク: YUKARI ART CONTEMPORARY ARTISTS.

施井泰平展「Binoculars」
2008年8月23日(土)〜9月20日(土)
営業時間:水~金11-19時、土20時まで(最終日は17時まで)
休廊日:日、月、火

 リンク: YUKARI ART CONTEMPORARY 施井泰平/Taihei SHII_01.

特にご近所の方は、ぜひどうぞ。いわゆる美術館とは違うアート体験ができると思います。

【過去の施井泰平さん関連のエントリー】

« EeePC 901の思い切りの良さに惚れました | トップページ | 新幹線のブログパーツというか動画プレイヤー発見 »

投稿:by 2008 09 02 12:42 AM [文化・芸術] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/42263944

この記事へのトラックバック一覧です: 施井泰平展「Binoculars」開催中:

 
We are bloggers.