みたいもん

トップ > iPhone > iPhone3Gはびっくりするほど簡単に海外で使える

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2008.09.29

iPhone3Gはびっくりするほど簡単に海外で使える




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

バンコク旅行で問題になったのが、通信手段でした。

ネットはどうせホテルでしか使わないので、それでよし。あとは電話。

iPhoneが海外ローミングに対応していることは知ってましたし、ソフトバンクでも基本的に無料なので海外ローミングオプションはオンになっていることは理解してました。

あと、成田空港にソフトバンクショップがあることだけは確認して出かけました。

つまり、とりあえず成田でどうせ時間あるから、成田で確認すればいいわけです。

ところが、思ってたよりも成田では時間がなくて、ちょっとあわてつつ成田空港のソフトバンクショップへ。

以下、店員さんとの会話。

おれ:iPhoneをタイで使いたいんですが大丈夫ですか?

SB店員:大丈夫ですよ

おれ:なにか設定とかすることあるんですか?

SB店員:えーとですねえ(となにかのコピーを見ている)、特になにもしなくていいですね。iPhoneの時間帯だけ変更してください。あとデータ通信は高額になりますので注意してください。

おれ:じゃあ、他はなにもしなくていいんですね。

SB店員:ないです。あ、滞在先のキャリアさんによって通話料が違うと思いますので、パンフレットだけ持っていってください。

おれ:あ、はい。

そのコピーの紙をそのままおれに見せてくれという気持ちをおさえつつ、とにかく何もしなくていいという店員さんの言葉を信じつつも、「ちょっとホントに大丈夫なのかなあ?」という気持ちを抱えつつ、バンコクに向かったわけです。

とりあえず、データ通信やるとすげえ金額の請求がくることと、タイには3Gがないことはパンフレット見ながら確認しました。

ということで、機内設定を一部変更(ほら、やっぱりいじるところあったじゃん!)して、時間帯もタイ、バンコクに変更しておきました。

で、タイに到着。そうするといきなりiPhoneがブルブルっとしている。しかもSMSだ。

飛び込んできたSMSはこれです。

IMG_0083 by you.

え?これどういうこと?

あれ?左上が日本にいたときは「Softbank」の表示だったのに、なんか見たことない文字になってる!

成田でもらってパンフレットを見てみると「TH-DTAC」はタイのキャリア。しかも、ちょっと通話料は高め。

ということでキャリアを切り替えられるのかなあ?と思って、設定/一般のネットワーク選択をみると、パンフレットに出ていたキャリアのみなさんがほぼ全部出てきます。

IMG_0084 by you.

ということで、通話料が安かった「TH GSM」に切り替えました。10秒もあれば、切り替わります。

IMG_0085 by you.

これで万事OKです。

IMG_0086 by you.

けっきょく使う機械はあまりなかったんですが、いざというときの通信手段を持っていると持ってないとでは安心感がまるで違います。

しかも、たしかに設定を一部いじる必要があったにしろ、ソフトバンクになにかをしてもらうわけでもないし、iPhoneをそのままもっていけば、現地についてからでも充分に対応できるレベルです。

これは楽だ。びっくりするほど楽だ。しかも使いたくなければ、設定しなきゃいいんだし。

ということで、今回のiPhone3Gでの海外で使う場合の設定変更をおさらいしておきます。

まずはタイは3Gがほとんどない国なので、それを「3Gを有効にする」オフにします(これをオフにすると2Gの回線につながるんですiPhoneは!なんてかしこい!)。

あとは請求書がこわいことにならないために、「データローミングをオフ」にしておきます。

IMG_0089 by you.

日本に戻ったら、「3Gを有効にする」オンにすることを忘れずに、そうしないとソフトバンクにつながりません。

なお、タイムゾーンの設定などについては、以下の記事に詳しいので、ぜひ参考に。ただ、以下の苦言については、個人的に全くもって問題ありませんでした。

 リンク: 本田雅一の「週刊モバイル通信」.

 iPhoneは国際電話のプリフィックスを自動的に付加してくれない上、かかってきた電話番号と連絡先名とのマッチングも、プリフィックスを考慮したあいまい検索をしない。これは明らかに不便だ。  たとえば「090-xxxx-yyyy」なら、海外からだと「 8190-xxxx-yyyy」となる。たいていの国際ローミング端末は、電話帳に登録されている「090-xxxx-yyyy」を「 8190-....」に読み替えて発信する機能が備わっているが、iPhoneの場合は別途連絡先に電話番号を追加登録したり直接ダイヤルするなどしなければ、ダイヤルできない。実際に使えばわかることだが、これはハッキリいってかなり不便である。

今回はオフで海外に出かけていたので、私が海外にいることを知っている人以外からは電話がかかってきて欲しくないわけです。

国内にいるつもりで電話を私にかけていただいても、おれが電源オフの状態で海外で急な電話を受け取ってもねえ、それはそれで困るわけですから。

そして、ここまでシームレスに使えてしまうと、別の問題というのも発生してしまうらしい。

 リンク: ソフトバンクからのお知らせ | SoftBank.

世界対応ケータイを対馬及びその沿岸でご利用頂く場合、天候などの諸条件により海外携帯電話事業者の電波を受信し、海外携帯電話事業者のネットワークを経由した通信となる可能性があります。

この場合、通信料金は国際ローミング料金が適用されます。

そうかあ、対馬と韓国近いものなあ。

« 10年ぶりのボキャブラ復活祭にたったひとつ足りなかったもの | トップページ | バンコクのスカイトレインBTSとその全面広告 »

投稿:by 2008 09 29 01:15 PM [iPhone] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/42538319

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone3Gはびっくりするほど簡単に海外で使える:

» 海外でiPhone 3Gと過ごした6日間:ネットワーク編 from wigglin' bloggin'
まず、iPhone 3Gを海外で電話として使う場合の話は、いしたにさんが書かれている事と全く同様で、何の苦労もありませんでした。 ... 現地のWi-Fi状況が良く分からなかったので、 T-Mobile HotSpot の"Unlimited National - Month to Month"という$39.99/月のプランに事前に加入しておきました。... 続きを読む

受信: Oct 4, 2008 10:13:32 PM

 
We are bloggers.