みたいもん

トップ > アニメ・コミック > 粉瘤(ふんりゅう)とマンガ『ジベルばら色』

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2008.09.03

粉瘤(ふんりゅう)とマンガ『ジベルばら色』




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りの作家の新作(鴨居まさねさんの『ジベルばら色』)を読んでいて、まさかあの忌まわしい記憶がよみがえるとは思いませんでした。

そう、あの粉瘤(ふんりゅう)事件です。

 リンク: 野戦病院で背中切開されて、ぐりぐりされました。.

で、4日ぐらい前からなんか背中痛かったんですよ。ということで、家人に背中を見てもらったら、赤く腫れ上がっているらしい。それも数センチの大きさらしい。

 リンク: ぐりぐりされましたの続報、粉瘤(ふんりゅう)もしくはアテローム。.

先日の名医とは違うガーゼの交換をしてくれた医師の言葉によれば「にきびの王様」と理解するのがいちばんいいようです。

で、なにがびっくりしたって、私の場合背中に粉瘤(ふんりゅう)ができたのに対して、『ジベルばら色』の場合はお尻に粉瘤(ふんりゅう)ができたと、患部が違うのに!

医者の患者へのセリフとか患部への処置とか、術語の対応まで、あらゆる描写がホント瓜二つなんですよ。

日本で粉瘤(ふんりゅう)の手術を受けている人たちは、ことごとく同じ目に合っているのかもしれないですね。

で、まあこの『ジベルばら色』は決して粉瘤(ふんりゅう)マンガではないので、そんなに怖がる必要はありません。

それよりも、以下のような人たちにおすすめです。

  • 結婚適齢期
  • 子づくり適齢期
  • 長く連れ添った人がいる

そして、やはり鴨居マンガの特徴である半径5mの描写の卓越さはいつもの通りです。

ということで、粉瘤(ふんりゅう)好きの人にも、そうでない人にもおすすめです。

ジベルばら色 (クイーンズコミックス)

R0016908.JPG by you.

« 新幹線のブログパーツというか動画プレイヤー発見 | トップページ | あなたは『チコバイブル』を読みなさいと言われました »

投稿:by 2008 09 03 12:16 AM [アニメ・コミック] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/42306532

この記事へのトラックバック一覧です: 粉瘤(ふんりゅう)とマンガ『ジベルばら色』:

 
We are bloggers.