みたいもん

トップ > 文化・芸術 > ルネサンス・ジェネレーション2008は『情動の現代』がテーマ

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2008.10.08

ルネサンス・ジェネレーション2008は『情動の現代』がテーマ




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年もやってきましたルネサンス・ジェネレーション。

かれこれ、2002年からずっと参加してます。去年はスケジュールが調整できなくて参加できなかったのですが、今年は参加の予定です。

Renaissancegeneration_2008

 リンク: ..:: RENAISSANCE GENERATION ::...

現代人は果たして自由を勝ち取ったのか?

「決断なき自由」、それはある意味、情動の危機と同義語です。情動とは、「論理、分析、理性に納まり切らない人間性の本質」と言っていいでしょう。その情 動が今、政治プロパガンダやマーケティング戦略によって巧妙に用意された見せかけの自由に踊らされ、われわれ現代人は「決断なき自由」の罠に嵌っているよ うに感じられるのです。そこで今年の[ルネッサンスジェネレーション]は、国際政治学、社会学の専門家をゲストにお招きし、権力と自由について、また世界 情勢の虚と実について論じつつ、現代社会のもっとも先鋭的な現象に切り込みます。

いわゆるハイブローなアカデミックコンテンツをほぼ半日(都合4時間半)、それもハイペースで流し込まれるイベントなので、正直若干頭が痛くなったりもするのですが、年に1回ぐらいはこういう刺激も必要です。

効果としては、いい意味で頭がリフレッシュされます。普段、あんまり考えないことというのは、中途半端に日々四散するよりも濃度の濃い時間をどっぷり過ごす方が効果的ということなんだと思います。

また、今回のゲストは田中宇さんと大澤真幸さんなので、お二人の生の言説を聞きたいという人にとってもいいイベントだと思います。

アメリカ以後 (光文社新書)
アメリカ以後 (光文社新書)

自由を考える―9・11以降の現代思想 (NHKブックス)
自由を考える―9・11以降の現代思想 (NHKブックス)

それにしても、このレベルのイベントを毎年やってくれる金沢工業大学と下條信輔さんには尊敬するばかりです。

サブリミナル・マインド―潜在的人間観のゆくえ
サブリミナル・マインド―潜在的人間観のゆくえ

そういえば、毎年このイベントでだけ会う人もいたりします。個人的には、そういう楽しみのあるイベントでもあります。

では、関係各位のみなさんイベント会場でお会いしましょう。

« バンコクのエスカレーターはちょっとこわかったよ | トップページ | 新しいおかかおにぎり »

投稿:by 2008 10 08 02:47 AM [文化・芸術] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/42720535

この記事へのトラックバック一覧です: ルネサンス・ジェネレーション2008は『情動の現代』がテーマ:

 
We are bloggers.