みたいもん

トップ > 文化・芸術 > サントリー美術館の「巨匠ピカソ」展の次に行きたいところはNY

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2008.11.06

サントリー美術館の「巨匠ピカソ」展の次に行きたいところはNY




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

「巨匠ピカソ」展、本来であれば共同開催のサントリー美術館と国立新美術館を同日で行きたかったところですが、時間の都合でサントリー美術館だけ行ってきました。

Ea3b954a7aa8d5c07b11e4e74b721c68

 リンク: 開催中の展覧会 展覧会 サントリー美術館 サントリー.

サントリー美術館では、ピカソの魂の叫びとも言うべき自画像とその周辺の作品を、油彩画を中心とした約60点によりご紹介していきます。

既にdrikinが行っていて、こんなコメントを残してます。

リンク: Drift Diary12: サントリー美術館「巨匠ピカソ 魂のポートレート」を観てきた.

今回のピカソ展は、新国立美術館と、サントリー美術館の同時展示らしく、新国立美術館の方が規模も大きく展示も充実してるらしいのですが、サントリー美術館の閲覧のしやすさと、お手頃な規模は、素人の僕には、ほんとピッタリ。

ええ、同感です。サイズ感としてサントリー美術館の展示はいつもちょうどいいです。多すぎず、少なすぎず。

で、今回の「巨匠ピカソ 魂のポートレート」展は主にピカソの自画像を年代順に展示しています。

  • ピカソがなにを考えていったのか?
  • そのためにどういう技法が必要だったのか?

ということを説明なしでも体感できるような展示になっています。これはわかりやすかったです。

また、個人的には収穫だったのはブロンズ像がびっくりするほど良かったこと。特にミノタウロスのブロンズが圧巻で他にもはじめて見たものが多く、さすが!世界巡回展です。

ただ、実は時間の問題だけではなく、サントリー美術館を出た後にそのまま行ってしまいたい場所が頭に浮かんでいました。

それはNYのMOMA。もちろん、それはちょうど100歳になる『アヴィニヨンの娘たち』を今の気持ちのまま見に行きたかったということです。

IMG_9023 by you.

これは『アヴィニヨンの娘たち』がピカソのひとつの到達点であるというだけでなく、この技法などの悩みの中でいちばん大きな壁を突破した作品だからなのだと思います。

ああ、ホントNY行きたいなあ。

なお、国立新美術館の情報はこちらでどうぞ。

6

 リンク: 国立新美術館(THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO).

すぐわかる20世紀の美術―フォーヴィスムからコンセプチュアル・アートまで
すぐわかる20世紀の美術―フォーヴィスムからコンセプチュアル・アートまで

↑この『すぐわかる20世紀の美術』は読んでないですが、たぶんおすすめです。学生時代に千足先生の授業を受けていたおれが言うからまちがいないはず。

« Macbook Air再び生還しました | トップページ | MITAIMODO - The Best of みたいもん!2008.10 : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ »

投稿:by 2008 11 06 01:25 PM [文化・芸術] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/42979819

この記事へのトラックバック一覧です: サントリー美術館の「巨匠ピカソ」展の次に行きたいところはNY:

» ジャパン・アート・フェスティバルを知っていますか? from 国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記
  それは、1960年代半ばから70年代にかけて、当時のわが国の現代美術、伝統工 続きを読む

受信: Nov 8, 2008 4:53:51 PM

» 美術館:巨匠ピカソ展 に行ってきました。 from よしなしごと
 フランス国立ピカソ美術館の改装を機に、そこに所蔵されている絵画や版画などが大規模な世界巡回をすることになったそうです。日仏国交150周年もあって、日本にも225点が訪れています。「巨匠ピカソ展」と題して、六本木の国立新美術館(巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡:167点)、サントリー美術館(巨匠ピカソ 魂のポートレート:58点)の2つの美術館で展示されています。  ピカソファンには申し訳ないのですが、全くもって興味がありません。行くことにしたのはたまたま無料だったこと(通常は一...... 続きを読む

受信: Dec 3, 2008 7:21:07 AM

 
We are bloggers.