みたいもん

トップ > 書評 > 『病院はもうご臨終です』というまとも過ぎる医療本

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2009.01.25

『病院はもうご臨終です』というまとも過ぎる医療本




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクさんから『病院はもうご臨終です』を献本いただきました。いつもありがとうございます。

R0019536.JPG by you.

個人的には、10年ほど前、知り合いに私立医大の大学院生がおり、医局の実態などについては、そこそこ知識があったので、この本に書かれている医療現場の実態について「ショック!」とは思いませんでした。

問題は10年前の医局の状況と何にも良くなっていないどころか悪化をしているということを知ったことでした。

ホント、医局の人とかってひどい生活しているんですよ。

ホントに寝る時間ないし、その中で命にかかわる仕事だし、研究もしなきゃいけないという脳みそも身体もマッチョでないと生きていけない現場です。そういう医療現場の実態がこうやって1冊の本になったのはいいことだと思います。

病院はもうご臨終です (ソフトバンク新書)
病院はもうご臨終です (ソフトバンク新書)

ということで、自分が倒れてから、身内のものが倒れてから勉強したって遅いわけですから、この本に書かれていることは最低限の知識として頭に入れておくべきことだと思います。

死ぬまで病院のお世話にならないってことはないんですから、医療のことをあまり知らない人におすすめします。

それにしてもこの編集さんはいつもいいネタ拾ってきますねえ。ということで、同じ編集さんの重版が決まった名新書も貼りつけておきます。

自分探しが止まらない (ソフトバンク新書)
自分探しが止まらない (ソフトバンク新書)

« VAIO「type P」体験会04:私にはつらかったキーボード | トップページ | VAIO「type P」体験会03:過剰にすばらしいふた »

投稿:by 2009 01 25 02:27 AM [書評] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/43846708

この記事へのトラックバック一覧です: 『病院はもうご臨終です』というまとも過ぎる医療本:

 
We are bloggers.