みたいもん

トップ > ブロガーイベント > ブロガーイベント「復活の香り」を楽しもう!、私はコーヒーがうまく入れられるようになりたい

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2009.03.25

ブロガーイベント「復活の香り」を楽しもう!、私はコーヒーがうまく入れられるようになりたい




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

サントリーさんが開催した初のノンアルコールイベント『「復活の香り」を楽しもう!』に参加してきました。

IMG_3242 by you.

会場に着くなり、会場に充満するコーヒーの匂い。香りって、ホント人の感性をくすぐります。

 リンク: 速報レポ:「復活の香り」を楽しもう!ブロガーイベント開催しました - サントリートピックス.

セミナーは、「珈琲鑑定士が語るおいしいコーヒーの話」から始まりました。

いやあ、サントリーさん!前から思ってたんですけど、サントリーって会社としてどうかしてますね。

IMG_3262 by you.

こんな農場(でも、けっこう普通サイズらしい)でコーヒー生産して、しかも商品化までに8年かけている(かかってしまった?)んですよ!サントリー恐るべし。

とても印象に残ったのは、サントリーの発酵技術を活かして、おいしいコーヒーを世界から探すのではなく、生産工程の中でおいしいコーヒーを作り出そうと開発を切り替えた部分でした。

IMG_3254 by you.

これが焙煎されたオリジナルブレンドの豆。うまそうだったので、思わず食べてしまいました。うまかったです。

IMG_3255 by you.

で、この写真を見ればわかるように「復活の香り」がいかに作られたのかの説明の後には、実演でコーヒーを入れるということになったわけです。

まずは定番のペーパードリップ。珈琲鑑定士である三橋さんのお手本はお見事のひと言。こうして動画を見ると、お湯の注ぎ方が実にスムーズです。コーヒーからきれいに泡が立っています。

▼ペーパードリップでのお湯の注ぎ方

そして、参加者による実演。

IMG_3284 by you.

これが私がコーヒー入れにトライしてみた結果。ええ、はっきり言って下手なんです。

ホントに私はコーヒー入れるのが下手くそで、なんか秘密の技でもあるんじゃないかという色気も、実は今回のイベント参加の理由でもあったんですが、まあ王道しかないようです。

もう一度ダメさ加減を強調する写真を貼っておきます。こんな風に入れ終わった後が、段々になっちゃダメなんです。要するに私にはじっくりさが足りないということですね。

IMG_3292 by you.

自分で入れたコーヒーを試飲する参加者の面々。

IMG_3286 by you.

続いて、コーヒーを入れるもうひとつの方法。コーヒープレスです。

IMG_3305 by you.

これもペーパードリップ同様にあわてずに!ということなんですが、お湯を入れたあと、スプーンで全体をかき混ぜるというのは知りませんでした。

▼なんとかでのお湯の注ぎ方

無精者の私には、このコーヒープレスの方がめんどうがないわりには、味にブレがなくていいかもしれません。

bodum KENYA コーヒーメーカー ブラック 1.0L 1788-01 BK
bodum KENYA コーヒーメーカー ブラック 1.0L 1788-01 BK

そして、最後は4つのブレンドの飲み比べ。

  • 爽やか酸味ブレンド
  • オリジナルブレンド
  • ふくよかコクブレンド
  • 香りのデカフェブレンド
IMG_3317 by you.

○の中のメモは、それぞれの味に対してのメモです。

  • 爽やか酸味ブレンド:酸味+1、苦み-1
  • オリジナルブレンド:酸味0、苦み0
  • ふくよかコクブレンド:酸味0、苦み+2
  • 香りのデカフェブレンド:酸味-2、苦み0

これはあくまでも、私の個人的な感想で、コーヒーの入れ方講座で使われた豆がオリジナルブレンドだったので、それを0とした評価です。

私は「ふくよかコクブレンド」がいちばん好きですね。がつんと苦みがあって、飲み終わりに少し酸味が口に残るというのが好みなんです。

さて、このコーヒーの味比べの後、コーヒーと食事のマリアージュの紹介となっていったのですが、ここで実は問題が発生してしまっていました。

私があまりペースを考えないでコーヒーをがんがん飲んでしまったため、この頃にはコーヒーでお腹はすっかりダボダボ。

しかも、味比べの際に舌をリセットさせる意味も含めて、水もまめに飲んでしまったため、さらにお腹はダボダボ。

IMG_3322 by you.

すいません、既に味をどうこう言うような肉体の状態ではありませんでした。ごめんなさい。

といいつつも、さっき食べた豆はオリジナルブレンドの豆だったので、「ふくよかコクブレンド」の豆をいただいて、さらにばりばりと2つ3ついただきました。やっぱり、こっちのブレンドの方が豆で食べても好きですね。

IMG_3323 by you.

さて、今回のイベントでサントリーさん、またイベントツールを手直しされていました。

「珈琲鑑定士が語るおいしいコーヒーの話」のプレゼン内容が印刷されて配布されていたのですが、この紙がうまい、にくい。

IMG_3249 by you.

その場でプレゼンの進行に合わせて、簡単にメモが取れるようにチューニングされていました。このひと手間ですよねえ。感心します。

ということで、150gで1500円という決して安いコーヒー豆ではありませんが、1杯100円と考えて、気になった人はぜひ試してみるといいと思います。

Coffeekobo

 リンク: 「香琲工房」コーヒー通販オンラインショップ | サントリー.

またコーヒー豆だけではなく、おいしいコーヒーを入れるための道具も紹介されています。こちらも合わせてどうぞ。

しかし、それにしてもおれはコーヒーが入れるのが下手であることを再認識したイベントでした。

うーん、もっとあわてないでお湯を注ぐようにしよう。どうも、それしか方法はないようです。

« マンガ大賞2009で『ちはやふる』が大賞を受賞、とてもうれしい! | トップページ | リーダーシップの見事なサンプル『監督に期待するな 早稲田ラグビー「フォロワーシップ」の勝利』 »

投稿:by 2009 03 25 10:28 AM [ブロガーイベント] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ブロガーイベント「復活の香り」を楽しもう!、私はコーヒーがうまく入れられるようになりたい:

 
We are bloggers.