みたいもん

トップ > ガジェット > YAMAHAのVMAX、もの作りの情熱とMADE IN JAPANという誇り

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2009.03.12

YAMAHAのVMAX、もの作りの情熱とMADE IN JAPANという誇り




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

YAMAHAのVMAXと言えば、車で言うとGTR。いわゆるカテゴリーを超越したモデルとして有名な伝説の領域のバイクです。

 リンク: ヤマハ・VMAX - Wikipedia.

Vmaxを作る際、本国(日本)のエンジニアが、アメリカ合衆国側に「作るにあたってどの程度の出力を目安にすれば良いか?」と言う質問に対しアメリカ側は「出せるだけ」と即答したという事は有名な話。

私のバイク体験といえば、小学生の頃に少しだけかじったポケバイ以上のものはなにもないのですが、学生時代の友人にお父さんがVMAXに乗っているという自慢をされたことは記憶に残っています。

そのVMAXの四半世紀ぶりのニューモデルである新VMAXの発表会にYAMAHAさんからご招待を受けて、お邪魔してきました。

IMG_2880 by you.

場所はなんと国立新美術館

でも、会場に入ってみて、YAMAHAさんがなぜこの国立新美術館という場所にこだわったのかはすぐにわかりました。

この国立新美術館のロビー。片側は一面のガラス張り。ここからきれいな自然光が入るから、VMAXを美しく展示するのに実におあつらえ向きなんですね。

IMG_2869 by you.

ああ、なんてかっこいいんだ。まさに男のロマンです。

もちろん、VMAXに乗るのは限定解除の免許とこのビックバイクを乗り回す腕と体格が必要ですから、私には見果てぬ夢の世界ではあります。

一見してVMAXから受けた印象はバイクの未来です。別の言い方で表現すると、要するに「AKIRAの金田のバイク」です(実際のVMAXはピーキー過ぎるなんてことはないそうです)。

IMG_2858 by you.

ということで、軽く見てからプレゼン会場へ。

▼新型VMAXプレゼンテーション

プレゼンはYAMAHAからとデザインを行ったGK Dynamicsの一条さんから。終わってみれば、VMAXの発表会にこれだけの人が集めるのは当たり前という内容でした。

YAMAHA

  • 日本のモーターサイクルの財産であるVMAXをどうするか?
  • マーケットに責任がある
  • VMAXは日本発信のオリジナルモーターサイクルである=
  • 多彩な最強エンジン「怒濤の加速感」
  • 日本人の緻密な工業製品作りと技術、つまりMADE IN JAPANへのこだわり
  • USでは空母ミッドウェイの上で発表会を行った
  • 日本の美意識をむしろ日本で訴えたい

GKダイナミックス

  • YA1以来50年以上、すべてのYAMAHAのバイクを手がけている
  • 他にもいろいろなものをデザインしている,NEX,東京オリンピック招致委員会のロゴ
  • ものを彫刻的に捉えている
  • 初代コンセプトはアメリカン魂コンセプト、強く速く力のあるアメリカ
  • VMAXからVMAXへ
  • オリジンはロングライフを産みブランドを創る
  • VMAXらしさとは提案力である、先代VMAXがライバル
  • GKダイナミックス史上最多のスケッチ
  • 内燃機関はヒューマンなもの,人間の感性に最も近い有機体
  • 金剛力士像に注目したデザインしたダイナミズム
  • デザイナー自らがクレイモデルを作っているケースはほとんどない
  • 美しくなければVMAXではない、力強くなければVMAXではない
IMG_2941 by you.

発表会が終わって、もう一度1階で展示されているVMAXを見ました。そこにはクレイモデルやもう先代となったVMAXも展示されていました。

こうやっていろいろとお話を聞いた上で見ると、またいろいろと思うこともあります。

▼先代VMAX

IMG_2843 by you.

▼新VMAX

IMG_2854 by you.

▼先代VMAXのメーターまわり

IMG_2974 by you.

▼新VMAXのメーターまわり

IMG_2975 by you.

こうやってみると、先代VMAX今みても十分かっこいいんですよ。この偉大な先代を超えるデザインというのは、すばらしい仕事であると同時にとんでもなくプレッシャーのかかる仕事だったんだろうなあと思いました。

▼YAMAHA New VMAX発表会の写真全部

Created with Admarket's flickrSLiDR.

そうそう、YAMAHAのVMAXのスペシャルサイトもどうぞ。VMAXとその発表会同様に気合いの入った出来映えです。

Yamaha_vmax_special_site

 リンク: YAMAHA VMAX Special Site.

それにしても、帰り道発表会の会場にいた人たちの顔を思い出してみるに、いい大人があんなに大人数で楽しそうにしている光景ってのは久しぶりに見た気がします。

IMG_2874 by you.

いい仕事と誇りが人にああいう顔をさせるんでしょうね。

« iPhoneのトイカメラぶりを加速するCameraKit | トップページ | プーチンのロシア、あなたはなんでそんなに凄腕なのですか? »

投稿:by 2009 03 12 01:25 PM [ガジェット] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: YAMAHAのVMAX、もの作りの情熱とMADE IN JAPANという誇り:

 
We are bloggers.