みたいもん

トップ > いしたにまさきの仕事 > 1万人という数をネットマーケティングでどう考えるか

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2009.04.30

1万人という数をネットマーケティングでどう考えるか




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットマーケティングにおいて、数を実感として持っていることは大事なことだと思っています。ということで、1万人という数字に反応して、以下の記事をメディアサボールに書きました。

Mediasabor

 リンク: 1日で1万人超を動かしたシャープのブロガー向け新製品キャンペーン.

なんか、文字で書くと簡単ですが、1万人ですよ。それも大々的なCMとかなしですよ。Web媒体などでニュースが流れただけで、あっというまに1万人。1万人と言えば、武道館が満席です。とんでもないことです。実質、応募にかかった時間は数時間だと思います。

1万人。

10×1000でもいいし、100×100でもいいし、それこそ1×10000でもいいし、他のかけ算でもいいです。

とにかく、母数であったり、発信元であったりしたものが、どういう数の展開で結果になっていくのか。

これは体感しないと実感するのが難しいんですが、このサイズ感を想像できるかどうかがネットマーケティングの鍵なんじゃないかと根拠もなく思っています。

« ル=グインの新作『西のはての年代記』情報を知ったのはtumblr | トップページ | きょうのおやつはPino-01 »

投稿:by 2009 04 30 03:31 PM [いしたにまさきの仕事] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/44812813

この記事へのトラックバック一覧です: 1万人という数をネットマーケティングでどう考えるか:

 
We are bloggers.