みたいもん

トップ > ネットPR, ネットマーケティング, 涼宮ハルヒの憂鬱 > 涼宮ハルヒ新作1話で見えた2期でも変わらないマーケティング戦略

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2009.04.08

涼宮ハルヒ新作1話で見えた2期でも変わらないマーケティング戦略




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

約3年ぶりにやっとハルヒの2期の放送がスタートしました。こんどこそホントです。

1期の放送は2006年4月から7月だったんですよねえ、なんというか時間が過ぎるのはホント早いもんです。

 リンク: 涼宮ハルヒが起こしたYouTubeの憂鬱、ネットマーケティングの大成功例.

で、だれもが2期は笹の葉ラプソディ(狂想曲)だと思っていたし、それを裏付ける予告っぽいものも出ていたわけですが!

涼宮ハルヒの退屈 (角川スニーカー文庫)
涼宮ハルヒの退屈 (角川スニーカー文庫)

それを置いてけぼりにするがごとく、1期の放送上の1話ではなく、時系列の1話、それも次回予告なしで放送するという内容でした。

この2期1話については、すでに追いかけている人たちがいます。

 リンク: Eternal Voice From Tokyo. » 笹の葉狂想曲(ハルヒ2期実況モード).

現在判明していること(確定事項)

 リンク: ハルヒ二期ほぼ決定::角川の壮絶な釣りっぷりについて::クリティカルヒット.

バレバレの状況証拠だけがある。しかし、その解決編は決して示されない。ネットに接続している我々の情報に対する飢えは決して解決する事が無い。従って、その飢えを解決する為にコミュニケーションが止まらない。ほとんど確定!といっている当エントリを見た所で、オフィシャルなソースでもないわけで不安は解決されない。従って、mixiやブログや2ちゃんねるなどのネット界隈やリアルな世界に至るまでその不安を解消しようと「ハルヒって混合放送で決定なの?」と無数のコミュニケーションが生まれる。

ということで、角川さんもファンを狙ったムックを発売しています、さすが。

涼宮ハルヒの憂鬱 超月刊ハルヒ
涼宮ハルヒの憂鬱 超月刊ハルヒ

涼宮ハルヒの憂鬱 超月刊みくる
涼宮ハルヒの憂鬱 超月刊みくる

この無数のコミュニケーションが進んでいくと当たり前なんですが、ネットでコミュニケーションを担う人たちは、スタッフ側から見ると身内になっていくわけです。

 リンク: 高校生まさぼーの覚え書き ハルヒ2期ハジマタ\(^o^)/.

とまぁ、実現するわけでもないのにどーでもいいことを考えているわけで。でも難しい。とくにこの作品では。

プロデューサーさんとかって大変だなぁ。

もちろん大変だけど、楽しいんだと思います。そして、以下のことを理解していれば、なお、この楽しさの正体に近づけるんじゃないかと思います。

  • ハルヒのホントにブレイクは放送直後ではなかった
  • その後、3年余りハルヒというコンテンツは命を保った
  • ネットでのブレイクにはそれなりに時間がかかる
  • 最低、半年ぐらいはコンテンツを供給し続ける必要がある

一応、その証拠としてYouTubeとニコニコ動画での「涼宮ハルヒ」での検索結果のリンクを貼っておきます。

 リンク: YouTube - 涼宮ハルヒ.

涼宮ハルヒ” 結果 1 - 20 / 6,150

 リンク: キーワードで動画検索 涼宮ハルヒ‐ニコニコ動画(ββ).

キーワード 涼宮ハルヒ を含む動画:7,086件

さらにGoogleトレンドも。

Haruhitrend

 リンク: Google Trends: 涼宮ハルヒ.

ただ、今回改めていろいろと関連エントリーなんかも含めて確認してみましたが、スタッフとファンの間の「信用と不親切さ」の関係は何にも変わっていないですね。

リンク: 涼宮ハルヒが起こしたYouTubeの憂鬱、ネットマーケティングの大成功例.

だから、ハルヒのスタッフはいわゆる「あちら側」のネットの善意を信用したんですね。信用しているから、安心して不親切さを仕掛けられる。

さて先週、涼宮ハルヒのホントの意味での第1話を改めて見たわけですが、やっぱりよくできてますねえ。これは脚本の勝利なんでしょうね。

ということで、このブログでも涼宮ハルヒの2期については、生暖かく見守っていきたいと思います。

ところで、この人がいきなり予測的中させるような事態になったら、それはそれで面白いですね。さすがというか、なんというかw。

で、それはそれとして!

涼宮ハルヒの憂鬱 超月刊長門

ひなちゃんもFigmaほめてるし、長門だけでも買うか。いや、そうか?

Figma 涼宮ハルヒの憂鬱 長門有希 制服ver.
Figma 涼宮ハルヒの憂鬱 長門有希 制服ver.

« 関係者総ブロガー時代のインタビューとうまいエントリーとは? | トップページ | iPhoneのGmailが新インターフェイスに変更でメールアプリにさようなら »

投稿:by 2009 04 08 11:08 AM [ネットPR, ネットマーケティング, 涼宮ハルヒの憂鬱] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/44585062

この記事へのトラックバック一覧です: 涼宮ハルヒ新作1話で見えた2期でも変わらないマーケティング戦略:

» ハルヒの『神の手』(実況モード第2回) from Eternal Voice From Tokyo.
現在このブログは実況モードに突入しています。確変みたいなもんです。 涼宮ハルヒの憂鬱(新アニメーション・あらためて放送)第1回の実況については、笹の葉狂想曲(ハルヒ2期実況... 続きを読む

受信: Apr 8, 2009 3:23:40 PM

» 涼宮ハルヒ2期、その後の進展と「笹の葉ラプソディ」 from [mi]みたいもん!
涼宮ハルヒの2期と時には地上波、時にはYouTubeで見続けています。 涼宮ハル 続きを読む

受信: May 20, 2009 4:50:26 PM

 
We are bloggers.