みたいもん

トップ > ネットマーケティング > ユニクロのTシャツブランドUTが加速する「UT NIGHT」のすごさ

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2009.04.14

ユニクロのTシャツブランドUTが加速する「UT NIGHT」のすごさ




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユニクロのTシャツブランドであるUTのフラッグショップUT STORE HARAJYUKUUT NIGHTというイベントが2009年4月10日に開催されました。

Ut_night

 リンク: ユニクロ UT: UT NIGHT.

このUT NIGHT、ビルコムからのご招待という形で参加しました。で、会場に着いてみると、すごい人だかり。

IMG_3525 by you.

半ば呆然としつつも、フォトセッションタイムに突入したので、さくっとナイスポジションをゲット。

ゲストはPUFFY、チェ・ホンマン・皆藤愛子。しかし、ここで再び呆然。

IMG_3543 by you.

チェ・ホンマン大きすぎるよ!

▼UT NIGHT in UT HARAJYUKU

動画にも軽く挑戦してみましたが、肝心の全員の顔を狙おうとすると、こんな具合です。それだけ、チェ・ホンマンが規格外ということなんですが、変に収まった写真が撮れないという意味では面白かったかも。

IMG_3575 by you.

※これ以外の写真(主に皆藤愛子さんの)を見たい人はフォトセット「UT Night」をどうぞ。

会場では、そのままUT GRAND PRIX 09受賞者の記念撮影。

洋服のデザインなんて、完全に未知の領域なので、デザインできるってだけでも尊敬してしまいます。

IMG_3611 by you.

会場がひと落ち着きしたので、2階へ(すいません、UT HARAJYUKUに2階があることをはじめて知りました)。

IMG_3615 by you.

UT GRAND PRIX 09のTシャツ作品が展示されてます。

IMG_3635 by you.

そして、イベント参加者が夢中になっていたのが、UTがゲットできるUFOキャッチャー。

▼UT NIGHT - UFO Catcher

どうにか無料でTシャツゲットしようと20回以上トライしましたが、まったくゲットできませんでした。情けない、修行が必要です。

1階もいいスペースでしたが、2階はそれ以上かも。ざざっとTシャツの種類を一気に見るには最適なスペースでした。

IMG_3650 by you.

ネットでは以下のページで2009年のユニクロのTシャツ「UT」を見ることができます。

Ut_explorer

リンク: ユニクロ UT: EXPLORER.

UT原宿の店舗で見たときにも思いましたが、中には「これがTシャツなの?」というものも含まれていて、見ているだけでも楽しいです。

そうそうミニ四駆大魔王じゃなくてガンダム部長には、ぜひ以下の写真そのままの格好になって欲しいです。

IMG_3656 by you.

ここまで見てもらえばわかるように、2009年のユニクロのTシャルUTはデザインで突っ走ろうとしています。

IMG_3623 by you.

その2009年のキーワードは「MEGA CULTURE」。そのブランディングサイト「UT ZOOM!」も公開されています。

Ut_zoom_3

それにしても、少し前のことを思い出すと、以下に羅列するようなことは想像もできないことでした。

  • ユニクロが原宿にTシャツ専門のフラッグショップを持っている
  • そこで2009年のオープニングイベントが開催される
  • そこにブロガーも含めた一般人が招待される

そして、決して高いとは言えないTシャツにこれだけのデザインとコストが投入されている現場に立ち会うと、屋台骨をしっかり持っている企業がそこに甘んじないで、よりとんがって先進的な方向に世界に向けて向かっている姿勢をまざまざと見せつけられたわけで、その姿勢にユニクロ恐るべしと思わざると得ません。

ホント、ユニクロはどこまで行こうとしてるんだろう。これからもウォッチしていきたいと思います。

【過去のユニクロ関連エントリー】

【イベントに同行したブログ】

一勝九敗 (新潮文庫)
一勝九敗 (新潮文庫)

なぜユニクロだけが売れるのか―世界を制するプロモーション戦略と店舗オペレーション
なぜユニクロだけが売れるのか―世界を制するプロモーション戦略と店舗オペレーション

« 展覧の構成に大満足!サントリーミュージアム天保山の「インシデンタル・アフェアーズ」 | トップページ | twitterの特徴と魅力を最も体現したクライアント「pocket*」リリース »

投稿:by 2009 04 14 10:52 AM [ネットマーケティング] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/44643576

この記事へのトラックバック一覧です: ユニクロのTシャツブランドUTが加速する「UT NIGHT」のすごさ:

 
We are bloggers.