みたいもん

トップ > 文化・芸術 > 7月22日の皆既日食はピンホールカードで楽しむ予定

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2009.07.22

7月22日の皆既日食はピンホールカードで楽しむ予定




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆既日食マニアのみなさんは九州方面に旅立っているのだと思います。

私はなんかこういう自然現象ものは、自分が普段生活している場所で楽しみたいと思っている方なので、東京で皆既日食ではないものの、日食を楽しみたいと思ってます。東京で日食楽しむのは小学生以来かもしれません。

で、日食を楽しむには、いいツールがありまして、ピンホールカードというものです。

R0021106.JPG by you.

私は幸いピンホールカードを持っているので、カードで万全の体制で日食に望みたいと思っていますが、ピンホールカードがなくても日食は楽しめます。

そんな方法が、以下のページで紹介されています。

Livingworld

 リンク: 日食と木漏れ日 - リビングワールド.

そのピンホールカードの使い方のポイントと、 ピンホールカード無しでも十分に楽しめる、日食の観察方法をご紹介します。

要するに光をしぼってあげればいいだけなんですね。

なお、東京地方での日食の観測時間などは以下のようになっています。

  • 食の始め:9時55分33秒
  • 食の最大:11時12分58秒
  • 食分:0.749
  • 食の終り:12時30分20秒

(情報元:国立天文台日食図解はここ。)

ということで、東京ではランチタイムなので、外で食事をしながらピンホールカードとカメラで待機したいと思います。

皆既日食ハンターズガイド (STUDIO VOICE別冊)
皆既日食ハンターズガイド (STUDIO VOICE別冊)

【追記】

結局、私は日食ちっとも見れませんでしたが、代わりにNHKの中継を貼っておきます。

▼46年ぶりの皆既日食・硫黄島

« アニメ『青い花』、その空気感に脱帽、とりあえずDVD全部注文した | トップページ | トーキョードリフトがHD化でリスタートします »

投稿:by 2009 07 22 12:40 AM [文化・芸術] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/45696871

この記事へのトラックバック一覧です: 7月22日の皆既日食はピンホールカードで楽しむ予定:

 
We are bloggers.