みたいもん

トップ > 献本 > 書籍が既に情報設計されている『IA100:ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計』

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2009.10.29

書籍が既に情報設計されている『IA100:ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計』




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンセントの長谷川さんから、最新刊の『IA100』を献本いただきました。これはうれしい。いや、ありがたい。

R0011679 by you.

 リンク: 『IA100:ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計』 | ラボ | 株式会社コンセント.

情報アーキテクチャは、ウェブに関わる人であれば身につけておきたいスキルの1つです。本書は、ユーザー調査、コンテンツ分析、コンセプト定義、そして実際の設計手法までをカバー。IAについてこれだけは知っておきたいポイントを100項目にまとめ、見開きページで1つずつ丁寧に解説しています。

私は最近ではWebサイトをゼロから作るということも、あまりなくなっていますが、ディレクションをすることなんていうのは、ままあったりします。

R0011680 by you.

そのチェックすべきこと、事前に考慮しておくことがとりあえずはこの『IA100』に網羅されているわけです。これがありがたくなくて、何がありがたいんですか!

R0011681 by you.

 リンク: underconcept >> IA100.

実際、ここで書いている理論や手法、パターンなどは、決して新しいものではありません。

が、いざ、ウェブサイトの情報アーキテクチャを設計しよう、と思ったとき、あるいは、そこまで思わなくても、サイトを構築していてうまくストラクチャやナビゲーションをまとめられないとき、考えなければならない「だいたいぜんぶ」はこんなものだろう、と思っています。

「だいたいぜんぶ」がわかっていることで、基盤はそこにまかせて、頭はより新しいこと、不定形のことに使う、というのが好きなので、というか頭の キャパシティ的に、全部追おうとするとすぐにテンパってしまうので、その「基盤」部分を外部化する、ということは僕自身にとって結構重要なことでした。

このIA100では、その「だいたいぜんぶ」を記したつもりでおります。

だいたいぜんぶ」と言い切る人もすごいですが、それはもう章立てに既に現れています。

R0011682 by you.

そして、長谷川さんがお見事と思うしかないのは、IA100の100があるべき順番として並べられていることです。

  • そもそも情報アーキテクチャとは?
  • 情報アーキテクチャは何をどうする?

まず、この話をしてから分析に入るわけです。

  • ユーザー分析
  • コンテンツ分析
  • コンテキスト分析

そして、デザインは最後。

  • ユーザーエクスペリエンスデザイン
  • サイトストラクチャ設計
  • ナビゲーション設計
  • ラベル設計
  • 画面設計

ね、画面設計なんて、ホントに最後の最後なんですよ。

R0011685 by you.

こういう組立の感じが、鬼コーチに似ているなあと思ったら、鬼コーチのブログに長谷川さん出てました。

 リンク: 使える「デザインセミナー」 : underconcept-長谷川敦士さんのブログ.

広告・マーケティング視点でのデザイン概念が「シカマケ」だとしたら、より設計・プロダクトデザイン的な視点。かつ、情報・コミュニケーションの未来設計を常に見据えていると言った印象です。(もし、間違っていたらすみません。ぜひ、ご本人のブログをどうぞ)

さて、ここまで意味もなく並べているような感じの写真ですが、この大判の『IA100』を開くと、こんな感じで読者は視覚体験することになります。

そう、タイトルの「書籍が既に情報設計されている」とは、こういうことなのです。しかも、大判だから、迫力満点です。当然、これも計算の内なんだと思います。

私も読み込んでいくのは、まだまだこれからですが、ほぼ他に類書もないこの本、Webにかかわるみなさんにおすすめです。

IA100 —ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計
IA100 —ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計

« 『クチコミの技術』おけるツイッター本のクチコミ効果 | トップページ | HT-03Aレビュー:ビジネスユースならiPhoneではなくアンドロイドかもね »

投稿:by 2009 10 29 11:18 AM [献本] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/46588431

この記事へのトラックバック一覧です: 書籍が既に情報設計されている『IA100:ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計』:

» 本の復習を準備するという新しい本のプロモーションサイトの姿としての『IA100』 from [mi]みたいもん!
以前に紹介した『IA100』。  リンク: 書籍が既に情報設計されている『IA1 続きを読む

受信: Dec 18, 2009 5:12:32 PM

 
We are bloggers.