みたいもん

トップ > 献本 > クリス・アンダーソンの『フリー』はロングテールに続くネットの常識になりそうです

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2009.11.05

クリス・アンダーソンの『フリー』はロングテールに続くネットの常識になりそうです




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリス・アンダーソンの話題の新作『フリー』を監修・解説の小林弘人(こばへん)さんから献本いただきました。

これはもう買う気でいたこともあって、とてもうれしいです。ありがとうございます。

R0011769

私はいつも献本していただくと、まえがき&あとがきを眺めて、目次を見てから、読む順番を(献本だけではなく、買った本も含めて積読の山があります)決めているのですが!

ネットにかかわるものとしては、まえがきにこんなことが書いてあって、すぐに読む気にならないわけがないでしょ!

ということで、まえがきから以下引用。

だから、本書は急速に展開中の概念について探求するものだ。私が学んだことは、フリーはよく知られていると同時に誤解されてもいる。この10年あいだに登場したフリーは、それ以前のフリーとは違うにもかかわらず、なぜかこれまでほとんど研究されていない。さらに、今日のフリーはさまざまな見た目の矛盾に満ちている。ものをタダであげることで金儲けができるのだ。それは本当にタダだし、金を払って得られるものよりも価値が高いことすらある。

どうですか!お客さん!

クリス・アンダーソンのヒット作『ロングテール』は、いまやネットの常識となっています。ロングテールに心酔してしまうことには功罪あるとは思いますが、知らないでは済まされないわけです。

ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)
ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)

同様に、この『フリー』も新しい常識となると思います。だって、もうみんなその環境に10年近くどっぷりとはまっているわけですから、ここに無自覚でいいわけがないんです。

ということで、まだ1章を読んでいる最中ですが、鉄板でおすすめします。だって、20世紀のフリーと21世紀のフリーを比較しているだけで、こんなに面白いんだもの!

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

« ツイッター本出版記念セミナー『ツイッター 140文字で世界が変わった』スライド公開 | トップページ | レビュープラスでツイッター本レビューコンテスト開催中 »

投稿:by 2009 11 05 01:51 AM [献本] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/46677432

この記事へのトラックバック一覧です: クリス・アンダーソンの『フリー』はロングテールに続くネットの常識になりそうです:

» 【限定1万人無料!】 Freemium from yamablo
twitter上や、ブロガー、ウェブ関係者の中で注目を浴びている書籍、『フリー(無料)からお金を生みだす新戦略』が無料のウェブ書籍として公開提供されているます。この雑誌、実はまだ発売前で発売日は11月20日となっています。今まで、無料で書籍を公開する、それも発売日前に公開する、などということは有りえなかったのですが、この書籍のテーマ『freemium』の名のとおり、この本は発売前に無料公開となっています。無料とはいえ、人数限定で1万人のみ、となっているため、もし、興味を持っている方はお早めに取得手続... 続きを読む

受信: Nov 13, 2009 11:20:04 PM

» フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略 / クリス・アンダーソン, 小林弘人, 高橋則明 from booksjp
なぜ、一番人気のあるコンテンツを有料にしてはいけないのか?なぜ、ビット経済では95パーセントをタダにしてもビジネスが可能なのか?あなたがどの業界にいようとも、“無料”との競争が待っている。それは可能性の問題ではなく、時間の問題だ。そのときあなたは、創造的に....... 続きを読む

受信: Nov 27, 2009 8:05:46 AM

» 『シェア』をシェアするイベントに行ったので、おれきょうシェアするよ from [mi]みたいもん!
去年のフリーに続く、こばへん監修の翻訳本「シェア」の発売記念イベントに行ってきま 続きを読む

受信: Dec 2, 2010 4:24:57 PM

 
We are bloggers.