みたいもん

トップ > twitter,ツイッター, ツイッター 140文字が世界を変える, 夜のプロトコル > 夜トコ番外編、ツイッター津田本イベント参加したら壇上に上げられたりした

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2009.11.16

夜トコ番外編、ツイッター津田本イベント参加したら壇上に上げられたりした




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

夜トコのメンバーだし、ツイッター本を書いていることもあり、呼ばれちゃいないけど、こりゃ参加しないわけにはいかない!と夜トコ番外編の津田本イベントに参加してきました。

SDIM0101

 リンク: 夜のプロトコルBLOG: 夜トコ番外編「『Twitter社会論』から考える、つぶやき型社会の捕まえ方」.

ツイッター津田本のイベントですから、当然の様にハッシュタグ「#tsubusha」が設定されていました。

で、こういうイベントを総括しても、あんまり意味がないんですが、まずは瑛太と評判になったファシリテーターとしての速水さんの能力がこんなに高いとは知らなかった(もっと活用しよう)。

SDIM0078

個人的に、ファシリテーターの醍醐味っていうのは、イベントの空気を作ると同時に、いかにその空気を変えていくか?ということだと思っていて、きょうの速水さんはその役割に適任過ぎました。

で、問題の金髪染め直しの津田さんですが!

SDIM0079

1部は、エアー壇上で横で自分の本に関して人が話しているのを聞きつつ、tsudaるテキスト中継。ホント無駄にクオリティが高い。

SDIM0115

2部から、やっとイベントにちゃんと参加。

SDIM0130

本で書かれたことを踏襲しつつも、社会とのかかわりやジャーナリズムというところの話まで広がり、ツイッターの可能性について話がしっかりされたイベントになったと思います。

さて、1部の最後で突然壇上に呼ばれて(事前の打ち合わせなし!)、以下の様な話をしたのですが!(若干記憶うろ覚え)

  • 生tsudaるは、何度か見ていたのでわかっていた
  • tsudaるエネルギーは〆切り前にいっぱいブログ書いてしまうような過剰なやけ気味の力が出ているようなものだと思う
  • だから、ツイッターがなければ流れなかったものだろうし、ある意味無駄な情報を受けられるのがツイッターの面白いところ
  • かつ、「tsudaる」が価値あるものになったりならなかったりするのは人次第というのもツイッターの面白いところ
  • 『クチコミの技術』での経験があったので、感想は寄せてもらえるとは思った
  • 『クチコミの技術』でも、巻き込もうとしても巻き込めるものじゃないから、読者を信頼して自分たちが公開できるものは全部公開した(ツイッター本も同様)
  • 同じ様なことはツイッタ本『ツイッター 140文字が世界を変える』でも起きるとは思ったが、本の感想だけではなく、まさか書店の入荷やランキングの情報や書店さんから直接情報が寄せられるとは思わなかった
  • つぶやいてくれた書店に行くことで、さらに相乗効果(これはアマゾンにはできない)
  • 著者、編集、読者、書店という本に係わるすべての人が参加できるのがツイッターのいいところ

さて、話の流れに合わなかったので、肝心な話をしなかったのでここでしておきます。

それは、コグレ&いしたに本を読んだ人には津田本を読んで欲しいし、津田本を読んだ人にはコグレ&いしたに本を読んで欲しいということです。

 リンク: 『Twitter社会論』はツイッター本と合わせて読むべきですな!:[mi]みたいもん!.

ほぼ同じ時期にツイッターについて書いた本なのに、同じところもあれば違うところもはっきりある。で、それはそのままツイッターというサービスのユニークさであると同時に、ツイッターの多様性の証明にもなっていると思います。

改めて整理すると、ツイッターに参加したい人が読むといいのがコグレ&いしたに本で、ツイッターをさらに知って使い込みたい人が読むといいのが津田本だと思います。

Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流
Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流

ね!両方読みましょう!

ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)
ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)

なお、このイベントの下の階では、堀江美都子さんのライブが行われていた様で、こんなことを知ることもできるのがツイッターだし、なんとも特殊な空間にお台場はなっていたのだなあと思った次第です。

おっと、最後に!

イベントで速水さん、津田さんが『自分たちが若いときに思いっきりネットカルチャーなどで影響を受け、今の活動を始めるきっかけになったWired日本語版を始めた小林さん仲俣さんと同じ壇上に立てたことをうれしい』とコメントしていましたが、それは私も全く同じ気持ちでした。

SDIM0127

そう、あの頃Wired日本語版を読んで「やっぱり未来はこっちなんだ!」と思ったから、今私はここでブログなんか書いているんだと思います。

SDIM0122

改めて、小林さんと仲俣さんありがとうございました。

« リコーのGXR、ユニット交換式カメラという近未来か?近過去か? | トップページ | TUMBLR MOSAIC VIEWERが超高速化して、絶賛リニューアル »

投稿:by 2009 11 16 12:01 PM [twitter,ツイッター, ツイッター 140文字が世界を変える, 夜のプロトコル] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/46775712

この記事へのトラックバック一覧です: 夜トコ番外編、ツイッター津田本イベント参加したら壇上に上げられたりした:

 
We are bloggers.