みたいもん

トップ > Evernote,エバーノート, ScanSnap,PDF > ScanSnap S1500M長期レビュー:Evernote編

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2009.12.02

ScanSnap S1500M長期レビュー:Evernote編




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、ScanSnap S1500M長期レビュー:導入&スキャン編で予告した様に、このScanSnapの書類読み取りパワーを最大限に活かすのが、Evernoteとの連携です。

で、こういったことはすべてソフト次第なので、最初からおさらいしておきましょう。

Scansnap01

ScanSnapに付属のソフトがありますので、まずはそれをインストールします。もういいから、そのままインストールしてしまってください。

で、無事にインストールが終わると、DockにScanSnap Managerのアイコンが入ります。

Scansnap03

ScanSnap Managerがカラーになっているとき(つまり上の状態)はScanSnapが動いているときです。ScanSnapがオフのときは、グレーになります。うーん、よくできてる。

ここまでくれば、半分終わったようなものです。ということで、ScanSnap Managerを起動して、設定画面を開きます。

起動すると、こんな感じ。でも、この画面を見るのは、これっきりになるかも。

Scansnap06

デフォルトでは、上記のようにPDFを利用するアプリにはAdobeのPDFのReaderが設定されています。

つまり、このアプリケーションの選択をEvernoteに変更するだけです。上記のショットにある「追加と削除」をクリックして設定するわけです。

Scansnap05

Scansnap04

設定が終了すれば、以下の様になります。

Scansnap07

そして、ここも大事なところですが、ファイル形式のPDFの設定で「検索可能なPDFにします」というところにチェックを入れておくのをお忘れなく。

Scansnapsetting03

ここまで設定しておけば、あとはどんどんスキャンしていくだけです。

Scansnap10

さきほどの「検索可能なPDFにします」をチェックしておけば、テキスト認識もちゃんと動いてくれます。

Scansnap09

そして、この処理が終われば、そのままEvernoteの1ファイルとして収納されます。

あとは、適当なタイトルと必要に応じてタグをつけてあげればいいでしょう。スキャンさえ終わってしまえば、ここまでの処理というのは、ほとんど待ち時間ありません。

私は、一応「paper-document」というNOTEBOOKSを他に作って、基本スキャンした紙の書類は、そこにまとめてますが、これはなんとなく便宜上そうしているだけで、実際には区別しなくていいのかも?とか思ってます。

じゃあ、結局EvernoteにPDF化された紙の書類をつっこんでおく意味ってなんだろう?と考えてみると、それはこういうことになります。

「検索したときに自分のメモも紙の書類もどっちも同時にひっかかる」

これです。

もちろん、現段階ではEvernoteは英数字の認識しかしてくれません。それでも例えば「Macintosh」で検索するようなことは、今でもありますし、Evernote社では日本語も検索できるようにすると言ってますから、今からデータ貯め込んでおくのもいいと思います。

また、これまでもEvernoteは自社サイトでもEvernoteとScanSnapの相性の良さを何度も告知しています(ScanSnapのプレゼント企画なんていうのもあったぐらいです)。

ただ、PDFをPDFとして読むということであれば、例えばPDFのデータをDropboxに置いて、それをPCやiPhone(GoodReaderを使う)で見るというやり方の方がいい部分もあります。

ということで、実はScanSnapでPDF化された書類は、Evernote以外に保存場所を指定もできるので、私は一応保険として、Dropbox配下に「ScanSnap-PDF」というフォルダを作って、そこにもPDFを保存しています(まあ、たまにしか使いません)。

最近は、Kindleの様なeBookのデバイスも揃ってきたので、その入手に備えておくという意味も、このデータ保存にはあるかもしれないですね。

 リンク: ebooktize - create optimized pdf for eBook reader - - Drift Diary13.

↑ここまで徹底するのは、まだ少し先でいいと思いますけどねw。

FUJITSU ScanSnap S1500M FI-S1500M
FUJITSU ScanSnap S1500M FI-S1500M

//////

2010年3月5日に日本初のエバーノート本を発売することになりました。Scansnapについても、けっこう誌面を使って説明しています。みなさん、ぜひよろしくお願いします。

できるポケット+ Evernote
Dekiruevernote

 

« ディズニー「クリスマス・キャロル」のディズニーデジタル3Dがすさまじかった | トップページ | ツイッターでフォローを1000まで増やす必勝法はあるのか?ないのか? »

投稿:by 2009 12 02 10:48 AM [Evernote,エバーノート, ScanSnap,PDF] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/46845172

この記事へのトラックバック一覧です: ScanSnap S1500M長期レビュー:Evernote編:

» ScanSnap S1500M長期レビュー:大掃除しながらがんがんスキャン編 from [mi]みたいもん!
続いてきたScanSnapの長期レビューも一応、これで終わりです。 ScanSn 続きを読む

受信: Dec 24, 2009 11:35:40 PM

» iPhone版のEvernoteがアップデートで日本語&オフライン対応に!そしてMac版も?! from [mi]みたいもん!
iPhone版のEvernoteのアップデートはきょう実施され、なんとメニューが 続きを読む

受信: Dec 24, 2009 11:50:08 PM

 
We are bloggers.