みたいもん

トップ > 映画・テレビ > サマーウォーズのDVDとブルーレイと奇跡のロングラン最終上映のこと

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2010.02.16

サマーウォーズのDVDとブルーレイと奇跡のロングラン最終上映のこと




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ハルヒ映画のことを書いたばかりですが、去年の映画と言えば、もうサマーウォーズしかありません。

 リンク: この夏『サマーウォーズ』という映画に会えたという幸運と必然.

ハルヒは地上波からの全体として考えるべきで、映画1本ということで考えればサマーウォーズ。

ただ、ファンとのやり取りという意味では、サマーウォーズにも昨年暮れにいい話があったのです。

サマーウォーズはそのタイトルの通り、夏に上映がスタートしました。めでたくヒット作となり、各賞を受賞しまくりました。

ただ、その上映がすごいロングランだったことは、あんまり知られてない様です。いちばんロングランになったのは、新宿のバルト9。

その最終上映はなんと12月4日。なんと126日のロングランです。

Summerwarslast_2

これはレイトショーにも係わらずに、いつまでたっても客足が途絶えなかったからですね。

twitterで最終上映のことを知った私は、とりあえずチケットをおさえて、会場に向かいました。

そして、その間ずっと、この最終上映のことはtwitterで流れてきていました。

まさに予定外のまさかの最終上映の舞台挨拶。

しかも監督だけではなく、関係者勢ぞろいの舞台挨拶でした。これはここまでファンに愛された映画に対するスタッフの感謝の印として記憶されていいのだと思います。

Swhosodatwitter

 リンク: Twitter / 細田守: 126日目の千秋楽に、ご挨拶することができました。プ ....

細田監督の舞台挨拶の第一声が「何時だと思ってるんですか!」だった様に、まさに深夜の新宿。1時スタートですから、上映終わったら絶対に帰れない時間。

R0012064.JPG

しかも、満員です。

ホント、なんて幸福な時間。映画の最終上映なんて始めての経験でしたけど、こういうのもいいものです。

 リンク: salvageship: 真冬なのにサマーウォーズ.

しかし、そんな満席の客層ですが、基本サマーウォーズファン ≒ アニメファンという事だったのですが、えーと独特の雰囲気ででして(笑)、正直始まる前は「上映中騒ぐなよ」と本当にえー心配になりました。

が!!

正直ごめん。見くびってた。
近年参加したなかで1、2を争う上質の観客でしたよ!!
なにあの一体感。みんな見るという行為にこんだけ集中してる現場に居合わせたことないです。
本当すばらしかった。

こういう現場をサマーウォーズが産み出したのは、それはもう映画の力に他ならないわけですが、それは以下の様な意味でまさに映画の中の映画だったのだろうと思っています。

 リンク: 松岡正剛の千夜千冊『キューブリック全書』デイヴィッド・ヒューズ.

おそらく『バリー・リンドン』はあらゆる映画と対立する映画なのである。それも前衛として対立しているのではなく、本格と本格が対立している。  ぼくはこういうやり方によってこそ、歴史は進むことになるのではないかと思っている。

でね、やっぱりこういう経験はフィルムでないと得られないものだとは思ってます。

 リンク: 映画館へ行かない理由は「入場料が高い!」ではなく「面倒くさい!」が55パーセント! - シネマトゥデイ.

日本の映画館は、入場 料が1,800円と諸外国に比べても高額なため、「映画館には観に行かない」と答えた人の理由が入場料の問題かと思いきや理由はそれだけではなく、「映画 館まで行くのがめんどくさいから(55.5パーセント)」がもっとも多く、次いで「家でゆっくり見たいから(48.2パーセント)」「映画館料金が高いか ら(40.0パーセント)」「お金をかけて見たい映画がないから(34.6パーセント)」となった(複数回答あり)。

めんどくさいけど、そこにイベント性があるから行く。で、そこにイベントがあるかどうかは、残念ながらぼーっとしてたんじゃわからないんですよね。

▼細田監督編集の「サマーウォーズ」エクストラムービー(TSUTAYA版・監督編集PV)

で、そんな「サマーウォーズ」ももう家で好きな時に楽しめる様になります。

普通に楽しむなら、DVDで。

サマーウォーズ [DVD]
サマーウォーズ [DVD]

フィルムとか特性花札とか欲しいのであれば、値段は高いですがブルーレイでってことになるんでしょうね(そういえばフィギュアも発売らしい)。

サマーウォーズ [Blu-ray]
サマーウォーズ [Blu-ray]

私は、画質も重要ですが、それ以上に感謝の意味も込めて、値段の高い方を予約しています。

ホント、届くのがこれほど楽しみなのはなかなかありませんね。

あ、そうそう。

家に届く前に、もう一度細田監督のインタビューを読んでおくのもいいですね。

 リンク: 『サマーウォーズ』細田守監督インタビュー -インタビュー:CINRA.NET.

現実がフィクションを簡単に追い抜いて行く時代の中で、フィクションの持つ力を見せてくれたサマーウォーズ。フィルムで見逃した方はぜひ。

 リンク: salvageship: 真冬なのにサマーウォーズ.

もし、自分が特別な物語に参加したいなら、自分を予め来るかわからないその時の為に鍛えておくしかないんだ。

ホント、(自分の中の)オタクが(自分の)世界を救うんです。

« できるEvernote本、著者インタビュー!ポッドキャスティング公開! | トップページ | 『邪悪なものの鎮め方』というこれからのコンテンツに対する態度の指南書 »

投稿:by 2010 02 16 10:30 AM [映画・テレビ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: サマーウォーズのDVDとブルーレイと奇跡のロングラン最終上映のこと:

 
We are bloggers.