みたいもん

トップ > ブロガーイベント > SDXC「記憶メディアの未来」にコラム投稿、そしてオフラインの魅力

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2010.04.21

SDXC「記憶メディアの未来」にコラム投稿、そしてオフラインの魅力




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

AMNの企画で、SDXCという新しい記録メディアについて、コラムを寄稿しました。

Sdxc

 リンク: ハイスピード・大容量の記憶メディアの未来 SDXC UHS-I|TOSHIBA.

ハイスピード・大容量のSDXCが実現しうる未来を、6つの視点からブロガーが考えます。

ということで、よくぞここまで原稿を集めたなあというぐらいに18人のブロガーによる18のSDXCのコラムが掲載されています。

で、全員のコラムを見たんですが、不思議と「書籍」の3人が揃って、オフラインと読書のことを口にしているのが、とても印象的です。

ちょっと引用してみましょう。

 リンク: 指先に図書館が!|ハイスピード・大容量の記憶メディアの未来 SDXC UHS-I|TOSHIBA.

もちろん、容量は格納された全書籍の索引が統合された大きな索引も含めて、ということ。重要なのはこの索引、つまりは検索用のインデックス。これが入った巨大書籍格納カードとして使えたら嬉しい。

 リンク: SDXCで変わる文字情報の富豪的未来|ハイスピード・大容量の記憶メディアの未来 SDXC UHS-I|TOSHIBA.

SDXCはクラウドサービスにとって脅威になるかもしれない。2TBのSDXCが廉価に販売されるようになれば、個人の文書アーカイブとしての有料ディスクスペースと競合する。現在もDropboxなどの有料サービスがあるが、テラ単位のスペースを借りるのは相当高額のため、バックアップ先としては容量不足である。

 リンク: SDXCカードが開く、新しいローカル線読書|ハイスピード・大容量の記憶メディアの未来 SDXC UHS-I|TOSHIBA.

しかし、普段ネットでいつでもなんでも検索できる環境に慣れていると、ふとした思いつきで参照できないととたんに不便に感じる。書評を書くことを前提で本を読んでいると、参考文献を参照したり、ウラをとる作業は必須のものだ。

この3人は、毎年新年にPodcastingを収録するような人たちなので、どっかで打ち合わせをしているのかもしれませんが、それにしてもこの意見の一致ぶりは面白い。

SDXCというメディア(つまり2TBまで保存できる)で、オフラインをことは私はちっとも考えなかったので、この3人の意見はすごく刺激されました。

そうだよなあ、なにもオンラインを前提にすることないんだよな。そういう発想があったっていいはずなんだ。

ということで、ご3人にお礼を申し上げます。

情報力
情報力

情報考学―WEB時代の羅針盤213冊
情報考学―WEB時代の羅針盤213冊

« コナンの飛行船とツイッターとコンテンツのコンテキスト横軸理解 | トップページ | 人のちょっと面白いところを強化してしまう作用こそ、ソーシャルメディアの本質 »

投稿:by 2010 04 21 03:23 PM [ブロガーイベント] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: SDXC「記憶メディアの未来」にコラム投稿、そしてオフラインの魅力:

 
We are bloggers.