みたいもん

トップ > iPad > iPadは「あの小さな黒板」を再定義したのではないだろうか?

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2010.05.10

iPadは「あの小さな黒板」を再定義したのではないだろうか?




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

今、時代は再定義です。

で、まあその話はまたいずれとして、iPadは何を再定義したのだろうか?ということばかり考えていました。

きっとあれなんじゃないかな?という予感はあったのですが、開封して1週間ほど使ってみて、ベストポジションがなんとなくわかってきた今、予感は的中したんだと思います。

R8069717.JPG

われわれには基本的にはまったくなじみのないこのiPadのサイズ。

これって、赤毛のアンでアンがギルバートの頭に叩きつけた、あの小さい黒板のサイズなんです。

正式にはどうも石盤という名前らしいです。

で、その石盤のサイズは以下。

 リンク: フランスのちっちゃな黒板(Sサイズ)-アンティーク KOKON*.

横約 26cm、縦約 18cm。

iPadのサイズは、以下。

 リンク: アップル - iPad - iPadをよく知るために必要な、すべての情報。.

高さ: 242.8mm 幅: 189.7mm

ね!ほぼ同じなんです。

21世紀のアンがギルバートの頭にiPadを叩きつけたらギルバードの頭もアンの人生も大変なことになるでしょうが、日本人には慣れないこの石盤こそがiPadが今回再定義したものなんじゃないかと思うんです。

そうじゃないとここまでのサイズの一致は説明がつかない。じゃあ、何が違っていて、何が共通しているかという、以下になるんじゃないかと。

【石盤】

  • 1回メモを取ったら消して次!、つまりそれは「仮」のもの

【iPad】

  • ネットの情報をブラウズするためのもの、つまりそれは「仮」のもの

石盤というのが、いつ頃からあったものかはしりませんが、相当長い期間人々に愛用されてきたはずです。

そう考えると、あのサイズというのはすごく正しいはずなんです。つまり、人に受け入れられてきたサイズ。

iPadは直接人が触ってつまうものですから、そういうデバイスでは「まずはサイズ」という発想はすごく正しい。

だから、既に人々に受け入れられるもののサイズから考えて、利用シーン想定して、今求められるべきスペックを考えれば、iPadという再定義の答えが出てくるということなんだと思います。

さて!

ツイッターにはiPadの所感は既にツイッターに垂れ流しているので、またいくつかピックアップする予定です。

ただ、デバイスにおいてはサイズと利用シーンの演出というのが、設計上の最大の要素なんだなあということを再認識させてくれただけでも、私にとってはiPadはすばらしいデバイスです。

で!

ここのところずっと考えていることがもう1つあって、アップルは(というかジョブスは)、iPhoneよりもホントはiPadの方を先に考えていて、先に出したかったんじゃないの?ってことです。

でも、iPad先に出したらiPhone売れないし、ユーザーの気持ちを変えることができなかったでしょう。

だから、やっぱりiPhoneが先でiPad。

もっというと、iPod→iPhone→iPad、この順番がホントにちょうどユーザーの気持ちや必要なデバイスの変化を演出して、今の成功があるんだとも思います。

ホントお見事。

iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏 (brain on the entertainment Books)
iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏 (brain on the entertainment Books)

« ソニー「DSC-HX5V」の動画性能をフル活用するならインフォリチウム! | トップページ | マンガ家のホントの意味でのライブがついに実現した夜 »

投稿:by 2010 05 10 10:30 AM [iPad] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/48316573

この記事へのトラックバック一覧です: iPadは「あの小さな黒板」を再定義したのではないだろうか?:

» iPadは「CD-ROM」の再定義に留まるべきではない from [mi]みたいもん!
以前に「時代は再定義」とうっかり書いてしまったわけですが、まさにそうとしか思えな 続きを読む

受信: Jun 3, 2010 1:28:22 AM

 
We are bloggers.