みたいもん

トップ > ネットマーケティング > ユニクロのソーシャルマーケティングでの横綱っぷりを見せつける「UNIQLO LUCKY LINE」

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2010.05.25

ユニクロのソーシャルマーケティングでの横綱っぷりを見せつける「UNIQLO LUCKY LINE」




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年春のユニクロのネットマーケティング・ソーシャルマーケティングというのは、もう実にすごいもので!

"One Show" 受賞のニュースがあってもなくても、そりゃもう同じようなしかける人たちから見ると、もうあんぐりするしかない施策になっていま す。

Uniqlo88

▼UTweet

Color_tweet

これだけでも十分すごすぎるのに、きのう突然ユニクロトップで始まったのが、『UNIQLO LUCKY LINE』です。

Uniqloluckyline00

『UNIQLO LUCKY LINE』はどういうものかというと、行列を見ることができないと言われているWebサイトにバーチャルに行列を再現してしまおうという企画。

このネットに行列を作るという発想は、たぶん2009年の年末の連休に実施されたユニクロ60周年のキャンペーンでできた行列に着想を得たものなんじゃないかと思います。

さて!この『UNIQLO LUCKY LINE』参加はすごく簡単です。

まずは列の最後尾に向かいます(というか勝手にスクロールします)。そして、最後尾で「並ぶ!」とクリックします。

Uniqloluckyline11

すると、ツイッターのログイン画面が出てきますので、ログイン。テキストも入力できます。

ちょっと待っていると、おお!おれがやってきて並びました!

Uniqloluckyline13

基本はこれだけなんですよね。でも、なんだか楽しい。

そして、こういう楽しさはタイムラインに乗ってどんどん伝染していくわけです。

Uniqloluckyline20

この行列アイコンもダウンロードできます。

Uniqloluckylineicon

でで!

びっくりしたことに、こうやって列に並び終わるまで、私はこの『UNIQLO LUCKY LINE』に並ぶことで、どういうことになるのかをちっとも理解してなかったんですね!

Uniqloluckyline99

列の先頭(もしくはユニクロトップページで)、確認できるんですが、列に並ぶとこういう特典があります。

▼参加特典

  • 26名中1名に1,000 円分のオンラインクーポン
  • 260人にキャンペーンサイトのオリジナルTシャツをプレゼント

で、しかもここでやっとこのキャンペーンが「ユニクロ誕生感謝祭」の企画であったことを知ったわけです(もう少しなんかちゃんと読めよ、おれ)。

でも、これがまたひとつの現実だと思うんですよね。人は以外と特典ではなく楽しさに引き寄せられてうっかり並んでしまうということです。

さらに!

この『UNIQLO


LUCKY LINE
』のハッシュタグ「#uniqlo_line」をまとめてみようと思ったのですが、初日なのに!とてもとてもまとめられる量ではありませんでした!

実際、私が最初に並ぼうとしたときは、並べなかったぐらいです。

Uniqloluckyline

ただ一部の「UNIQLO LUCKY LINEに行列なう」はまとめてみましたので、これで雰囲気は伝わるのではないかと思います。

さて!さて!

このユニクロの怒濤の横綱電車道のソーシャルマーケティングを見てしまった今となっては、同じ日に登場したと見られるSBとAUのキャンペーンは、残念ながら凡庸と見えてしまいます。

その証拠といってはなんですが、これ2つとも同じネタですよね。言うのは辛いんですが、多くの人が思いついてしまうネタなわけです(というか週刊ダイヤモンドがやったネタ)。

ソーシャルマーケティングにおいては、ネタの中身も重要ですが!

  • 同じことはやらない!
  • とにかく楽しそう!

この2つがホント重要なんだなあと改めて痛感した次第です。

それにしても、ユニクロさんはここまでやってしまって、次はどういうネタでくるんでしょうね?ホント楽しみです。

で!おまけ!

こういうユニクロのマーケティングで、こっち「混ぜるな危険」の方向のいじりはないと思っていたのですが、まさかパーマンとは!

▼パーマンとユニクロックの超絶ミックス

これはもう作った人のセンスに脱帽です!

ユニクロ進化論
ユニクロ進化論

« この週末銀座に行ったらリコーリングキューブのアレックス・プレガー写真展にぜひ! | トップページ | iPadの紫色(パープル)のケース!TUNESHELL for iPad »

投稿:by 2010 05 25 01:33 AM [ネットマーケティング] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/48448606

この記事へのトラックバック一覧です: ユニクロのソーシャルマーケティングでの横綱っぷりを見せつける「UNIQLO LUCKY LINE」:

 
We are bloggers.