みたいもん

トップ > 書評 > 自分の普通を守り続けることの過酷さ、小明さんの「アイドル墜落日記」

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2010.06.10

自分の普通を守り続けることの過酷さ、小明さんの「アイドル墜落日記」




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

全面独白でこれだけ面白い本を読んだのって、ホント何年ぶりなんだろうという傑作。

先日のあんこう鍋でごいっしょしてから、ずっと気になっていて先日やっと注文したら、もう面白くて一気読みだった。

アイドル墜落日記
R8070013.JPG

いや、ホントすごかった。超かっこいい。ネガティブ発言も突き抜ければ星になる。

いやいや、そういうことじゃない。

この日記に延々と書かれていることは(文字はまさにぎちぎちで印刷されています)、自分の普通をいかに守り続けるか?という、ただそれだけのこと。

でも、それがいかにむずかしく、過酷で、いかに人には簡単にバイアスがかかるかなんていうのは、ここでグダグダと書くべきことじゃありません。

小明さんの日記はたしかにネガティブワードだらけです。

でも、これはだれかを批判するとか、だれかを貶めるとか、そういう目的のために使われている言葉ではありません。

徹底的に、自分に向いている。

それはもうひとえにどうにかされてしまいそうな状況の中で、必死に自分をつらぬこうとしているからです。

でも、それはいわゆる自分探し的なものではなく、状況を的確に把握しようとした結果、うっかりそうなってしまっているだけ。

表層的な言葉にだまされちゃいかんですね。

で!

こういう自分の普通をいかに守り続けるか?ということに、同じ様に厳しい状況の中で、自分をつづった日記としては、山田風太郎の傑作があります。

新装版 戦中派不戦日記 (講談社文庫)
新装版 戦中派不戦日記 (講談社文庫)

これは戦時中という異常な時代の中で、その違和感を手放さなかった人の日記です。

そう、小明さんの日記はアイドル業界という異常な状況の中で、その違和感を手放さなかった人の日記です。

だから、読後感がすごく似ている。従軍日記と言ってもよいかもしれません。

だって、読み終わった時のおれ、超やる気出てましたからね。うひょー。

ところで!

アマゾンから届いた本に帯が2つついていたのは、何かの嫌がらせなんでしょうか?

R8070004.JPG

どうなんですか?あかるさんw?

アイドル墜落日記
アイドル墜落日記

« 電子書籍のリッチ化とマイクロ化のお手本はAKB48にある | トップページ | 仙台でリンクシェア主催のツイッターセミナー開催のお知らせ »

投稿:by 2010 06 10 10:30 AM [書評] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/48567416

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の普通を守り続けることの過酷さ、小明さんの「アイドル墜落日記」:

 
We are bloggers.