みたいもん

トップ > ネットマーケティング > 大根男のYouTubeマーケティング

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2010.06.22

大根男のYouTubeマーケティング




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

すっかり大根男本人まで「YouTubeで大根男で検索してください」と何度も言い始める様になった大根男のYouTubeマーケティング

まずは大根男の最新作「大根男のYouTubeマーケティング 」をどうぞ。

▼大根男のYouTubeマーケティング

さて!大根男が最後に「痛しかゆし!」と叫んでいますね。

「痛しかゆし!」については、Evernoteのイベントなのに、会場のどっかで常に大根男の話がされているというわれわれ著者側を気づかった悩みではなく、以下の悩みだそうです。あー、そうですかそうですか。

 リンク: [N] 「大根男」こと @nori_taka の悩み.

さてさて、ネット系の飲み会に参加すると「あなたが大根男ですか!」と誰からも言われるまでに大根マーケティングに成功した高山さんなのですが‥‥ そう、高山さんというのです。しかも、オーシャンブリッジという会 社の社長でもあります。

そんな高山さんなのですが、悩みがあるそうです。それは、大根マーケティングが全く本業に活かされていない、ということです。

いくら「大根男」として知名度を上げても、それが本業に繋がらないことに、忸怩たる思いを抱えているらしいのです。

確かに、大根男=オーシャンブリッジ、と繋がっていくのは素人目に見ても難しそうな気はします。ちなみに、企業向けのソフトをローカライズして販売する会社なので、根本的に大根は関係ありません。

個人的には、ここまで大根男を盛り上げたですから、あとはそれをどう生かすのかは御社の仕事だろうとは思うのですが、せっかく大根男が悩んでいるわけですから、少し考えてみました。

まず、大根男にまつわる1つ目の勘違い。

 リンク: 「できる ポケット+ Evernote活用編」(黒本)発売前夜祭に参加してきました。 : オーシャンブリッジ高山のブログ.

それにしても、僕個人的には、たくさんの初対面の方に「あの、大根の人ですよね?」と声を掛けられて悲しいやら哀しいやら。そして「なんで大根男って呼ばれ てるんですか?そんなに大根が好きなんですか?」とも聞かれましたが、逆です。大根が大嫌いなんです。正しくは「非」大根男なんです。

ここで大根男が大根が好きか嫌いかどうかを悩みにしていますが、まあこれはどうでもいいですね。

人の噂なんてそんなもんですとあきらめてもらいましょう。

次に大根男と本業であるオーシャンブリッジの関係。たしかになんの関係もありませんね。

でも、大根男本人が「YouTubeで大根男で検索してください」と言ってしまっているわけですから、この方向を延ばすしかありません。

一応、参考までに言っておきますが、私自身は「大根男でぐぐってください」とは言ったことありますが、「YouTubeで大根男で検索してください」とは一度も言ったことはありません。

さて!

YouTubeには、コメントをして動画をレスポンスとして投稿する機能があります。これを利用しましょう。

Daikonyoutube

この動画レスポンスで、オーシャンブリッジに関する動画、できれば導入事例なんかがいいでしょうね。そういう動画を投稿しておけば、ああ大根男もちゃんと仕事しているんだなあとみなさんに理解してもらえます。

ただ、いきなり大根男がスーツ姿で登場しても意味がわからないと思うので、できれば大根の着ぐるみを着た大根男の正装でオーシャンブリッジのユーザーさんにインタビューしてもらえるといいかなと思います。

ということで、ぼくは提案しましたので、あとは大根男に決断してもらうだけです。

« 「できるポケット+ Evernote活用編」(黒本)の発売前夜祭がすばらしくいいイベントになった理由 | トップページ | ゲームデザイナーというとんでもない人たち『ゲームデザイン脳』 »

投稿:by 2010 06 22 12:25 AM [ネットマーケティング] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/48684949

この記事へのトラックバック一覧です: 大根男のYouTubeマーケティング:

 
We are bloggers.