みたいもん

トップ > Evernote,エバーノート > Evernoteを便利なメモツールと考えるのは大きな勘違い

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2010.06.17

Evernoteを便利なメモツールと考えるのは大きな勘違い




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

Evernote黒本発売間近なので、最近よく思う、人がEvernoteについて勘違い(もしくは違和感)していると思うことを書いておこうと思います。

取材を受けたりとか、明らかにITリテラシーの高い人から「どうもEvernoteがわからない」という様なことを聞かれることがあります。

質問はこういう質問であることが多いです。

  • なんでEvernote流行ったんですか?
  • Evernoteはなにがすごいんですか?

そういった場合、かなりの確率で「Evernoteを便利なメモツールと思っている」みたいなのです。

たしかにEvernoteで私もいちばんよく使う機能はメモです。

しかし、EvernoteをEvernoteたらしめている要素ということで考えるとメモという要素はそれほど上位ではありません。

EvernoteをEvernoteたらしめている要素で、最上位にくるのはクラウドであることです。

そして次に情報アクセスの良さ。その次に便利なメモぐらいの感覚です。

クラウド>>>>>情報アクセスの良さ>>>便利なメモ>Phoneなどでも使える

このぐらいに認識してもらえるといいんじゃないかと思います。

Evernoteのキャッチコピーは「Remember Everything」です。

だから、まずはあまり細かいことを考えずにどんどん記録していけばいいだけなのです。とりあえずEvernoteに入れるということを身体に覚えさせてしまいましょう。

そして、次にある程度ノートが溜まってきたら、自分の傾向が見えてきます。

ここではじめて考えるのです。

  • 何を記録しておくと便利か
  • これは記録しておかなくてもいい

なぜなら、こういう肌感覚的にしか判断できないことというのは、それこそ個人個人全く違うからです。

例えば会議。

同じ会議に参加していても、それぞれ役割も記録として残すべきことも違います。

議事録は当然残ると思いますが、議事録は議事録です。

  • そこから漏れること
  • 他の人にとっては大事ではないが、自分にとっては大事なこと。
  • 次回の会議までのタスクの整理
  • なにか今後ヒントになりそうなこと

こういったことだって、残しておくべきですが、これも個人個人全く要求度が異なりますよね。

こういう私という個人のことを理解するためには、まずはベースとなるデータが必要なんです。

まともなアクセス解析をするためには、ある程度のログデータの蓄積が必要です。ログデータのアクセス解析になんの意味もありません。

まずはEvernoteに個人の情報を蓄積しようというのは、このアクセス解析とログデータの関係と同じなのです。

この辺りのことがわかってくると、新しい情報に触れたときに「あ、これはEvernoteに残しておくといいぞ」ということがわかってきます。

そして、どういった方法でどういった情報をEvernoteに入れておくと「あとで役立つ」のかの具体的な事例がEvernoteの黒本こと!できるポケット+ Evernote活用編なわけです。

できるポケット+ Evernote 活用編
できるポケット+ Evernote 活用編

ということで、宣伝記事だったわけですが!

もしEvernoteをメモツールとして認識している人がいたら、まずはその考え方をちょっと変えてみてはいかがでしょうか?

Evernoteはメモツールではありません。個人の記録をログ化するツールなのです。

さて、この辺りのクライドの感覚については、すばらしい本があります。これも紹介しておくべきですね。

それは!

iPhone情報整理術 ~あなたを情報’’強者’’に変える57の活用法!(デジタル仕事術シリーズ)
iPhone情報整理術 ~あなたを情報’’強者’’に変える57の活用法!(デジタル仕事術シリーズ)

はい、今回のEvernote黒本の共著者である堀さんの著書です。この中で堀さんは文字を太くしてこういうことを書いています。

クラウドを信じてファイルを積極的にネット上に置くという発想の転換が必要

これは、上記の内容と全く同じことを伝えようとしています。

堀さんがここで書いている「クラウドを信じる」というのは、クラウドという技術や仕組みを信じろってことじゃないんです。

クラウドに蓄積されるデータは、すべてあなたのデータです。つまり、自分を信じろっていうことなんですね。

表現を変えましょう。

お前を信じろ

俺が信じるお前でもない

お前が信じる俺でもない

お前が信じる

お前を信じろ!

ということで、みなさんEvernoteはこんなツールです(ホント?)。

てなことを書いていたら、堀さんがほぼ同じ様なエントリーを書いていました。

 リンク: できるポケット Evernote 活用編の読み方(先行発売開始!) | Lifehacking.jp.

大胆に言い切ってしまうと、まだ Evernote の紹介が「便利なウェブサービス」にとどまっていることが多い中で、いちはやく「Evernote はライフスタイル・サービス」なのだという境地に斬り込むことができた気がします。

さすが、共著者!

« 「できるポケット+ Evernote活用編」のPDF販売は2パターン | トップページ | 「できるポケット+ Evernote活用編」(黒本)の発売前夜祭がすばらしくいいイベントになった理由 »

投稿:by 2010 06 17 10:30 AM [Evernote,エバーノート] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/48614151

この記事へのトラックバック一覧です: Evernoteを便利なメモツールと考えるのは大きな勘違い:

» 「できるポケット+ Evernote活用編」(黒本)発売前夜祭に参加してきました。 from オーシャンブリッジ高山のブログ
先日開催された「できるポケット+ Evernote活用編」(黒本)の発売前夜祭に参加してきました。 ... 続きを読む

受信: Jun 20, 2010 2:35:27 PM

» Evernote日本法人設立記者会見のとても重要なところ from [mi]みたいもん!
みんな大好きEvernoteの日本法人設立の記者会見が行われました。  リンク: 続きを読む

受信: Jun 23, 2010 6:36:59 PM

 
We are bloggers.