みたいもん

トップ > 写真 > 銀座リングキューブの杉浦さんの「壁」写真展には絶対行けよ!この野郎!

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2010.07.23

銀座リングキューブの杉浦さんの「壁」写真展には絶対行けよ!この野郎!




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真展を見て、これはいい!というのは、そこそこあるんですが、その内容と企画に嫉妬まで覚えるレベルのものとというと、ついぞ味わったことはありません。

で、そんな写真展が銀座のど真ん中で開催されているわけです。もう先に言っときますけど、この写真展は行かなきゃダメです!行かなきゃ絶交です!

さて、少し落ち着きましょう。

銀座のリコー・リングキューブでは、最近面白い写真展が続いていて、前回のアレックス・プレガーがまず良かったわけですが!

それに続く今回もガチンコの写真家勝負と思いきや、思わぬ方向からきた。以前から方々で聞いていたいた「壁の人」である杉浦さんの写真展。

なんかこんなこと言うと失礼になるかもしれないですが、まさかそっちの方向に行くとは思ってなかったですよ、リングキューブ。

Ringcubesugiura

 リンク: 写真展・イベントスケジュール / RING CUBE | doughnuts企画・杉浦貴美子写真展『壁 ー地球に垂直な平面ー』.

杉浦さんの写真のすばらしさは杉浦さんのサイト「wall」で、もう十分に確認しまくっていたので、喜び勇んでオープニングにお邪魔したのですが、ホントいい意味で裏切られました。

まさか、壁の写真とアクリル板とリングキューブっていう空間がこんなにはまるとは、誰も思わないですよ!

で、その予想外の会場の様子が以下(※会場内の撮影は許可をいただいています)

会場はすごくいい状態・雰囲気のおかげで、会場写真も悪くないんだけど、会場に行くともっといいので遠慮なしに会場写真貼り付けますよ!

まずは入口。

R8070490.JPG

これが代表作的な壁。

R8070493.JPG

壁、壁、壁。

R8070486.JPG

ああ、壁いいねえ。

R8070489.JPG

壁はホントいいですねえ。

R8070492.JPG

最後はこう壁がきます。

R8070496.JPG

懸命なみなさんはもうお気付きだと思うんですが!

杉浦さん壁撮ってるだけなんですよ!

それだけに、それ故に?もうそんなことどうでもいいや。

ホント感服!参りました。すばらしすぎる、この壁。

で、さらにやられた!と思ったのが、このiPadを使った企画。

R8070497.JPG

これは、ただ壁を撮っている杉浦さんがそこをさらに一歩踏み込む企画をiPadで実施しているわけです。

 リンク: 【銀座リコーギャラリー】壁写真投稿のススメ: underconstruction.

そして残り1台も同じ仕組みなのですが、これが今日の本題、このiPadには私の写真ではなくてみなさんの「投稿作品」を表示しています。 いつも「壁は面白いよ素敵だよー」と口酸っぱく言っているのですが、今回はここぞとばかりぐぐっと踏み込んで「みなさん身のまわりの壁を撮ってアップしてください!」と無謀な試みをしてしまいました。

そう!人のいるところ壁はいくらでもあるのです。誰にでも壁を見ることも撮ることもできるのです。

以下のリンクから誰でも投稿できるので、ぜひ投稿してみてください。

Banner0710_2

なんか、このエントリー無駄に体温上がって気がしますが、このまま続けましょう。

というか、情けない話をします。

この杉浦さんと壁の写真を知ったのは、「熱中時間」の最終回でした。

 リンク: 熱中倶楽部ブログ:NHKブログ | 熱中人リポート | 「熱中時間」最終回です!.

個人的な興味 をつきつめていくと、じつはそれが世界とつながったりする。それはいわゆる「同好」ではなく「共有」という感じ。ぼくはこれが熱中することのすばらしい点 のひとつだとつよく思います。そのことがよく表れているのが、20代、30代の熱中人さんたちの熱中ぶりでした。

その放送を見たときから、うすうすわかってはいたのですが、この放送を見る前にとっくに私は杉浦さんにお会いしていたんですね(壁の写真の話も聞いているはず)。

ホント、自分のうすらバカというか、節穴ぶりがいやになる話ですが、それはそれで反省しつつ、おれも壁写真投稿して、もう1回写真展行くつもりです。

週末とか銀座行く人も多いと思うので、最後にもう1回!

この写真展は行かなきゃダメです!行かなきゃ絶交です!

壁の本
壁の本

« 都市好き・河川好き・パトレイバー好き、つまりすべての人におすすめしたい『東京静脈』 | トップページ | iPhoneアプリ「朗読少女」のすごく良いところと個人的に残念なところ »

投稿:by 2010 07 23 01:30 PM [写真] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座リングキューブの杉浦さんの「壁」写真展には絶対行けよ!この野郎!:

 
We are bloggers.