みたいもん

トップ > 書評 > 『できるポケット+ Ustream インターネット動画中継ハンドブック』の良くできてるぶりが無駄にすごい

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2010.08.20

『できるポケット+ Ustream インターネット動画中継ハンドブック』の良くできてるぶりが無駄にすごい




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

Evernote本を始めとして、いつもお世話になっている編集者さんから、最新のUst本ができたということで、献本いただきました。いつもありがとうございます。

R8070996.JPG

いただいた日に、1時間をかからずにすぐに読んでしまいました。結論から、先に言うと、この『できるポケット+ Ustream インターネット動画中継ハンドブック』、すごくよくできてる。

・よくできているポイント1=構成

Ustreamと言えば、そりゃPCとカメラでやるものなのですが、それはなんだかんだでやっぱり敷居が高いわけです。

もちろん、PCもそれなりのマシンが必要だし、みんながすっかりそれなりのレベルのUstに慣れてしまった今となっては、画質も音質もそれなりのものが要求されます。

でも、それがUstのすべてじゃないです。醍醐味はなんといっても「お手軽」に中継ができることにあるわけです。

だから、この本は冒頭にいきなりiPhoneアプリでのUst中継から話を始めています。これなら、iPhoneさえ持っていれば、誰でもすぐに試すことができます

iPhoneを持っていなければ、この章を丸ごと飛ばせばいいだけのことですからね。

それを説明した上で、Ustream BroadcasterとUstream Producer、そしてUstream Producer Proと説明を高度なものに引き上げていくのも、手順としては実に順当です。

・よくできているポイント2=細かい設定も全部入ってる

私もなんどかUstreamを自分でやっているのでよくわかるのですが、Ustには独特の設定があります。

これはテレビとか放送系の仕事をしたことがある人であれば、すぐに理解できる内容なのですが、そうでない人にはよくわからないはず。

しかも、困ったことに中継をやってみないと最適値を得ることがなかなか難しい代物だったりもします(しかも現場の環境に左右されたりする)。

だから、この本に目安が書かれていることはすごくノウハウを短縮してくれるはずです。

・よくできているポイント3=実践的な機材を紹介している

中継に必要なPA関係の機材なんてのは、そんなに知らないのが当り前です。そんなものはやってみないとわからない。

でも、いちいち機材買っては失敗とかしてられませんよね。マイクなんて用途次第でホントは使い分けが必要だったりしますから。

そして、実はUstではいちばん大事な音を確保してくれるのもマイクです。マイクはホント大事。

で、Ustというかパソコンでの利用と割り切るならUSB接続できるマイクなんてのは、値段も性能も使いやすさもバランスがいい。

BlueMicrophones USBコンデンサーマイク Yeti
BlueMicrophones USBコンデンサーマイク Yeti

こんなもの1つで音質はバカみたいに良くなるので、こうものを具体的に紹介しているのはいいですね。

また、カメラなどについては、本でも紹介されていますが、以下のページにいろいろ出ているので、参考になると思います。

 リンク: USTREAM番長.

・よくできているポイント4=ライブ中継の中身のノウハウも入っている

さて、中継の設定とか機材が揃ったところで、いいライブ中継ができるわけじゃありません。中継にはけっこうこれまたノウハウが必要です。

忘れがちなスクリーンキャストについても、けっこう枚数を使って説明しているのもいいです。

また、がちがちに番組を作り込めばいいわけじゃないよと言うことも言っています。これもいいですね。

ただ、中継ではハプニングも楽しもうということで、あればハプニング中継の代表作であるKNN神田さんの寝落ち中継はぜひ紹介しておいて欲しかったところではあります。

 リンク: KNN 神田さんのUstream(寝落ち)中継に見る、ソーシャルメディア組み合わせの楽しさと伝搬力|blogs.com|おもしろブログ記事のまとめサイト.

超早朝だというのに500人ですよ!Twitterに流れるコメントや、RTで続々と人が集まってきたという、この情報伝搬力はすごいですね。

さて、ここまですっかりこの本完全にほめているわけですが!

@masakiishitani ありがと。山田さんが優秀だからだね。less than a minute ago via web

唯一残念なのは、発売時期。

この本、もう少し早く発売されていれば、もっと売れたし話題にもなった気がします。

できるポケット+ Ustream  インターネット動画中継ハンドブック (できるポケット+)
できるポケット+ Ustream  インターネット動画中継ハンドブック (できるポケット+)

さらに、今となっては、そらの本という強敵もいますからね。

USTREAMそらの的マニュアル (INFOREST MOOK)
USTREAMそらの的マニュアル (INFOREST MOOK)

とはいえ、この本の価値自体が落ちたわけではありません。私もUstで困ったときには参照すると思います。

本のサイズもちょうどいいし、Ust中継でトラブルにあったことがある人、これからやろうと思っている人、また「やれ!」と無茶振りされたみなさんにおすすめできますよ!

« 200ぐらいのリクエストで好きな映画を見れるか?という「ドリパス」と見たい映画 | トップページ | 今週末はWISH2010、今年も審査員で参加です »

投稿:by 2010 08 20 10:30 AM [書評] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/49195463

この記事へのトラックバック一覧です: 『できるポケット+ Ustream インターネット動画中継ハンドブック』の良くできてるぶりが無駄にすごい:

 
We are bloggers.