みたいもん

トップ > ゲーム > GT5(グランツーリスモ5)はわれわれに車そのものとレースそのものを教えようとしている

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2010.12.01

GT5(グランツーリスモ5)はわれわれに車そのものとレースそのものを教えようとしている




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

あんまり買う気はなかったんですが、PS3を持っていてグランツーリスモやらないのは、もったいなさすぎだと思い、うっかりグランツーリスモ5を購入。

予想をはるかに上回る出来の良さ・ハイクオリティーな画面に、おとといからおれはサーキットの狼状態です。

グランツーリスモ 5(通常版)
グランツーリスモ 5(通常版)

実は、グランツーリスモシリーズをやるのは、このグランツーリスモ5が初めてだったりします。

で、やってみてすごく衝撃を受けていて、このグランツーリスモって、単なるレースゲームじゃないんですね。

いうなれば、レースライフゲーム

ダビスタをやると、実際の競馬を種付けからレースまでという流れの中で理解できる様に、このグランツーリスモも、まず自分で車を買うところから始めるわけです。

ところが、車を1台買ったところで、全部レースに出られるわけじゃありません。なぜなら、レースにはレギュレーションってものがあるからです。

同時に運転するレーサーにも、ライセンスというものがあります。これも取得していかないと次の段階に進めません。

初期段階で与えられるお金は200万。大金と思ったのですが、なんのなんのレースの前では、小金です。中古車を買うぐらいしかできないのです。

ここもレースを買っていくことで、賞金を貯めて、次のステップに進んでいくわけです。

これが面白いは、レースとそれを巡る状況を正確にシミュレートしているということではなく、そのステップをゲームの世界でですが味わうことで、レースの世界のすごみを垣間見ることができることです。つまり、レースの仕組みを経験して知ることができるわけです。

また、ダビスタの話になりますが、その昔競馬はたまにやるけど馬のことを何も知らなかった人が、ひと通りダビスタをやった後の、実際のダービーの中継を見ながら、ここに出てくるってだけでもすごいことなんだよねえ、と言ってたことを思い出します。

ただ知識ですごいレースと知っていることと、ゲーム上であっても経験として知っていることの大きな違いがここにはあるわけです。

そうそう、グランツーリスモ5にはレーサーモードだけではなく、監督モードもあるので、そっちもプレイするのが楽しみです。

さらに、驚かされることがもう1つありました。それはグランツーリスモ5のオープニングムービーです。

工場萌えの人たちを狙い撃ちにするかの様に、鉄鉱石が運ばれ、溶鉱炉が映ります。そして、ムービーが進んでいくうちに、このムービーが何を人に伝えようとしているかがわかってきます。

そう!このオープニングムービーは、車がいかに作られていくのかをわれわれに見せようとしているのです。

@masakiishitani というかこのopムービーは福野礼一郎さんの「クルマはかくして作られる」を読んだ人にはびんびん来ますよ。福野さん初回限定版の冊子にも寄稿してますね。less than a minute ago via Echofon

クルマはかくして作られる―いかにして自動車の部品は設計され生産されているのか (別冊CG)
クルマはかくして作られる―いかにして自動車の部品は設計され生産されているのか (別冊CG)

あと、楽にレースで買ってさくさく車とか買いたい人は、限定版の方の購入をおすすめします。限定版にだけ出てくる車が用意されていて、それがすごい速いです。

グランツーリスモ 5(初回生産版:特製ブックレット&プレゼントカー5種ダウンロードプロダクトコード同梱)
グランツーリスモ 5(初回生産版:特製ブックレット&プレゼントカー5種ダウンロードプロダクトコード同梱)

300ページに及ぶ冊子の出来もすばらしい様なので、ちょっと通常版を買ったことを後悔中です。

しかし、ここまで面白いとゲームパッドではなく、ハンドルコントローラーが欲しくなってきますね。

ロジクール ドライビングフォース GT(初回生産版プロダクトコード同梱)(LPRC-14500)

ステアリングコントローラ3
ステアリングコントローラ3

なお、グランツーリスモ5のPS3本体のHDDへのインストールには40分ぐらいかかって、さらに事前に8GBの空き容量を確保しておかないといけないというのは、都市伝説ではありませんので、みなさんご注意ください。

« NAVERの「キュレーションセミナー」のパネルディスカッションで言ったこと、言えなかったこと | トップページ | Evernote・Mac版クライアントの新ベータ版が共有とスタック実現でインストール必須です »

投稿:by 2010 12 01 04:56 PM [ゲーム] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/50181105

この記事へのトラックバック一覧です: GT5(グランツーリスモ5)はわれわれに車そのものとレースそのものを教えようとしている:

 
We are bloggers.