みたいもん

トップ > マキコミの技術 > マキコミの技術のパーティがすてきな雰囲気だったのは、やっぱりマキコミが理由だった

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2010.12.30

マキコミの技術のパーティがすてきな雰囲気だったのは、やっぱりマキコミが理由だった




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

あの素敵な「マキコミの技術」の出版記念パーティから、早くも2週間。年内最後の原稿に追われている間に、こんなに時間が経っていたとは!

DSC01927.JPG

当日は、著書一同とにかく来てもらったみなさんに楽しんでもらおうということだけを考えて、以下の様に進行しました。

  • いきなりTシャツ着てる
  • マキコまれてもらったみなさんを紹介
  • そしてケーキ!
  • さらにじゃんけん景品大会(「プレミアムモルツ」をサントリーさんから・スパークリング日本酒「綾」を豊島屋酒造さんから、全員プレゼントで!メガネケースの成城の眼鏡店INSPIRAL、と通称大根ノートをオーシャンブリッジさんから!)

この「マキコミの技術」の出版記念パーティ、多くのブログでも、その様子がアップされています。

みなさん、ホントありがたい

 リンク: 『マキコミの技術』出版記念パーティに行ってきたよ #makikomi - もともこも鳴き笑い.

嗚呼!特にこりゃアソコとかアソコとかの‥企業の人が読んだらいいかもねぇ。読ませたいねぇ。ほんと読めばいいのに‥つか読めよ。

 リンク: 「マキコミの技術」出版記念パーティーに行ってきた。 | 生ビールブログ -とりあえず生!-.

「こんなことに気を配りつつ、意識しつつ、巻き込んだり、巻き込まれたりしたら楽しいよ」 ということが伝わる本だと思いました。

 リンク: COBOブログ:マキコミの技術にマキコまれた.

パーティ会場でもいろいろな人が巻き込まれてましたね。

 リンク: 結論:「マキコミの技術」は楽しい : 起業の親方 仙台の税理士・岩松正記のブログ.

まあ、何にもで興味を持って、そして「巻き込まれ」るといろいろ楽しいことがある! それをこの「マキコミの技術」で感じてもらえたら! と思いますね。

 リンク: 若だんなの新宿通信  「マキコミの技術」出版記念パーティに巻き込まれてきました.

「クチコミの技術」がブログを続けていく転機になったことは、 これまでもなんども書いてますが、あの本から3年。

 リンク: 「マキコミの技術」出版記念パーティーに行ってきました! #makikomi : オーシャンブリッジ高山のブログ.

僕が不幸にして大根男と呼ばれるようになった経緯が書いてあります(汗)。

 リンク: 「マキコミの技術」出版記念パーティーでした - くうねるあそぶ.

流石のマキコミ力。

 リンク: 「マキコミの技術」 / きっと誰もがマキコミ・マキコマレ | ちゅるるん.

さてさて、肝心の本の方ですが。 なんとなーくぼんやりと感じていたことが、はっきりとした形になった!と、思うんです。

さて!

パーティの様子、私の方でも振り返っておきます。

順番は逆ですが、会場の度肝を抜いたのはなんといってもケーキでした。というか、著者の2人がいちばんびっくりしてました。

DSC01963.JPG

作っていただいたのは@junxjunxさん。

このケーキ、どうやって作っているの?と思った人は、以下の記事に詳しく出ています。

 リンク: 「マキコミの技術」出版記念ケーキ: JJ kitchen workshop.

Twitterやブログ経由で知り合い実際に会った人もいるし、大事にしてるお菓子本の著者の方ともやりとりができて幸せを感じたり、ネットのおかげで大変得してる気がします(笑)

そして、このケーキの絵は、もちろん表紙の絵!

とろ鉄の野村さんです!

とろける鉄工所(4) (イブニングKC)
とろける鉄工所(4) (イブニングKC)

さっきのマキコミの技術、僕と著者のコグレマサトさんと、いしたにまさきさんとの対談ページも6ページも載せてもらってます。読んでみたら、とろけの裏話ばっか話しております…かなり恥ずかしいのですが、是非どうぞー…less than a minute ago via Keitai Web

で!

「マキコミの技術」の表紙がTシャツはこんな感じ。

DSC01950.JPG

しかも!

そのまま、このTシャツは現在鋭意開発中のPostPetNowにも登場するのです。

Postpetnow

 リンク: 「マキコミの技術」Tシャツ | PostPetNow開発日誌.

で、この表紙がかわいいので、発売記念にTシャツ作ってみました。

TEE PARTYさんのサイトにて発売中です。

さらにPostPetNowのパペット服にもなります!

PostPetNowβ版には、このパペット服も同梱の予定です。お楽しみに!

やっぱりね、自分が動き出すと、いろいろと動いていくんですよ。

Tシャツも八谷さんからの提案だし、ケーキにしてもまさかあんなにすごいものがくるとは思ってなかったし、そもそもの野村さんの表紙も「マンガ家さんにお願いしたい」と言い出したのは私ですが、「とろ鉄の野村さんがいい!」と言い出したのはコグレさんですからね。

ホント、どんどんどんどんまさにマキコミ・マキコマレです。

DSC01981.JPG

自分たちで主催しておいて、こんなこと言うのもおかしな話なんですが、ホントに「マキコミの技術」の出版記念パーティはいい空気で充満していました。

DSC01958.JPG

あれは一体なんだったんだろうか?とずっと考えていたんですね。

それって、やっぱり「マキコミ」と関連があったんだと思います。

マキコミの醍醐味というのは、関係者のみなさんがある意味自分勝手に動いてくれたことからも分かるように、マキコミ=他人事として考えない、ということだと思うんです。

あくまでも、自分事として考えて行動している。だから、一方的なマキコミではなく、マキコミ・マキコマレはあくまでもセットなんです。

そんな人達が集まったわけですから、会場がいい空気にならないわけがないんです。

ということを踏まえて、再度共著者であるコグレさんのエントリーを読んでもらえればと思います。

 リンク: [N] 「マキコミの技術」出版記念パーティー、無事に終了!.

ということで、主催者でありながら楽しんでしまった「マキコミの技術」出版記念パーティーも無事終了ということになりました。またこんな風に、いろいろな人で集まれる機会が作れたらな、と思っています。

ということで、最後にもう一度マキコミ・マキコマレの関係者のみなさんにお礼を言いつつ!

  • インタビューだけではなく会場にもきてくれた日産さん(@NISSAN)、サントリーさん(@sun_topi
  • インタビューだけではなくTシャツまでデザインしてくれた八谷さん(@hachiya
  • すてきな表紙の野村さん(@nomura1234)、と編集のあの!K添さん
  • そして帯だけでなくレビューも書いてくれた弾ちゃん!(@dankogai
  • いつも会場でお世話になっている豚組(@butagumi)&超かっこいいひとしさん(@hitoshi

読みふけって!電車も乗り過ごすという「マキコミの技術」よろしくお願いします。

献本で送ってもらった「マキコミの技術」を電車の中で真剣に読んでいたら、軽く電車を乗り過ごしてしまった。終電間際だというのに俺のバカ。 #makikomiless than a minute ago via HootSuite

マキコミの技術
マキコミの技術

« やめない人たちのその後と、ブログまとめというタイミング | トップページ | アマゾンとアクセスで見る2010年みたいもん!ベスト、こんなにトラフィックのトレンドが変化した年は始めてだ! »

投稿:by 2010 12 30 10:30 AM [マキコミの技術] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/50436712

この記事へのトラックバック一覧です: マキコミの技術のパーティがすてきな雰囲気だったのは、やっぱりマキコミが理由だった:

 
We are bloggers.