みたいもん

トップ > 書評, 献本 > 『フェイスブック 若き天才の野望』、そこには謎の答えがいきなり書かれていた

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2011.01.11

『フェイスブック 若き天才の野望』、そこには謎の答えがいきなり書かれていた




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイスブックに関する本というのは、これまでに多く出版されていたわけですが、私がこれまで、それまでその手の本を手にしてこなかったのにはわけがあります。

それは、自分の中でフェイスブックに対する謎・疑問というのものが形になっていなかったからです。

ブログ・Web2.0ブーム以降の流行したWebサービスには、必ずそのWebサービスが流行するための血液の様な要素があります。

私が去年の後半から最近の私の中でのCityVilleの盛り上がりまで、とにかく確認したかったことはそこでした。

はじめのうちは「いいね!」こそがfacebookの血液なのではないかと考えてもみました。ただ、それだけだと他のSNSなどとの違いがわかりません。

そして、ある日思い出したのは過去の自分のエントリーでした。

 リンク: twitterの奥にある日本人にはわからないところと、日本人的なtwitterとは?:[mi]みたいもん!.

つまり、欧米人的感覚だと「フォロワーに何かを伝える」ということがプライオリティとして、最上位にあるのではなく、「自分のステイタスを相手に伝える」ということが、まず最上位にあるんじゃないかということですね。

で、日本人は「空気を読む」なんて表現もあるぐらいで、相手にステータス表示するということを感覚的にあまり理解できないんじゃないかと思うんですね。

実際、メッセンジャーにはステイタス表示の切り替えが大抵6種類ぐらいあって、私なんかだと、オンラインとオフラインだけでいいじゃんとか思うんですが、彼らはそれじゃ困るから、あんなにいっぱいステイタス表示の種類があるんでしょうね。

そう、これなんです!

自分のステータス表示

これこそフェイスブックの血液なのではないかと思い始めていました。

そして、そんなタイミングで日経BPさんから献本いただけるということで、この本の到着を楽しみにしていました。

R8071369.JPG

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)
フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

原題は「The Facebook Effect」。

本自体は、まだおとといから読み始めたばかりですが、いきなり核心にせまることがプロローグに書いてありました。

「同級生、同僚、友だちといった現実世界での知り合いとの交流を深め、スムーズにするためのツールになることを意図してフェイスブックを開発している」
(P.4から引用)

そう!ここなんです。フェイスブックが結局実名主義を取るのもここ。ステータス表示に命をかけるのもここにあります。

この重要な箇所については、この先詳しく解説されるということなので、それを楽しみにして、さらに読み進めていきたいと思います。

R8071372.JPG

なんで謎とか血液とかいろいろ言っているかというと、フェイスブックって、すごく変なんですよ。

 リンク: 「ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である」 -- 10代の子供に読ませたい本 - アンカテ.

やっぱりネットって、変だと思う。みんなもそう思うでしょ?従来の常識がひっくりかえっているのは過渡期の一時的なもので、いずれ普通に戻ると思っているが、なかなか「変」が直る気配がない。というより永続化しそうな気配が濃厚だ。

その変さを意識して、その変なフェイスブックの歴史を知ることには大きな価値があるはずです、ないわけがないと思いませんか?

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)
フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

« きょうから始まるビックアメリカ2、今年は男は黙ってアイダホバーガー! | トップページ | 『みんなの写真』という本を始めます!そして撮影会やります! »

投稿:by 2011 01 11 10:30 AM [書評, 献本] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/50551099

この記事へのトラックバック一覧です: 『フェイスブック 若き天才の野望』、そこには謎の答えがいきなり書かれていた:

 
We are bloggers.