みたいもん

トップ > 悪い景観,ドボク,工場萌え,Kojo-Moe, 文化・芸術 > 2010年文化庁メディア芸術祭はもうクワクボリョウタ祭りでいいと思う

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2011.02.03

2010年文化庁メディア芸術祭はもうクワクボリョウタ祭りでいいと思う




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

きのうが初日のメディア芸術祭に早速行ってきました。

もういい加減、この手のものは初日に行くのが、結局いちばん空いてていいと学習したからです。

 リンク: 最先端のメディア・アート展 NHKニュース.

今年度で14回目の文化庁メディア芸術祭には、49の国と地域から、これまでで最も多い2600点余りの応募があり、2日から始まる作品展には、大賞を含むおよそ170点が展示されています。

上に書かれている様に、確かに今回は今までと比較しても、かなり点数が展示されていました。

学生の展示も、過去と比較すると明らかにレベルアップされていて、楽しめました。

だが!しかし!

もうこんなものを見せられてはダメです。こんなものを見せられては、他の展示がすべて霞む。

そのぐらいにクワクボさんの作品がすばらしかったです。おれ「いしたに」じゃなくて、「イシタニ」にしておけばよかったと思うぐらい。

Kuwakubo

 リンク: 2010年 文化庁メディア芸術祭 アート部門 優秀賞 10番目の感傷(点・線・面) | 文化庁メディア芸術プラザ.

光 源が備えられた鉄道模型が、床に並べられた日用品の間をゆっくりと移動しながらその影を映しだす。部屋の壁や床、天井に映し出されたモノの影は、電車から 見ている風景のように移り変わりながら観者を包み込む。没入・鳥瞰、既視感・未視感といった、相反する体験を交互に繰り返す映像。鑑賞者は知覚を研ぎ澄ま し、その体験を語り合うだろう。

もちろん、このスチル写真がなあーーーーんにも、実際の作品のすばらしさは伝わらないので、このイメージに左右されないで見て欲しいのですが!

もうとにかく行って!お願い行って!

この作品のあの空間と時間は、今あそこでしか味わえないから、このエントリー読んだ人全員に行って欲しい。

今回のこのクワクボさんの10番目の感傷(点・線・面)は、これまでのクワクボさんの作品とどれとも似ていないし、その分だけすごみのある作品でもあります。

全く奇をてらってないし、そこで行われていることも、すごく当たり前で、だれにでもできそうだと思えてしまうほど。

でも、この作品はここに至るまで、何を取捨選択してきたのかという時間のことを考えると気が遠くなります。

クワクボさんの10番目の感傷がすごすぎる。うすうすそう思ってたんだけど、やっぱりドボクってレディメイドだったんだ!@メディア芸術祭less than a minute ago via Echofon

まさに作品を見た直後に、私はこんなことをツイートしていたのですが、こんな感想なんかどうでもいいです。

それぐらいに、この作品が問いかけていることの応用範囲・適用範囲が広すぎて、まだ脳がしびれています。

もちろん、そんなことはできないから、今は家にいて、このエントリーを書いているわけですけど、できることなら、ずっとあの空間にいて、そのまま横で夕飯食べて、そのままそこで眠りたかったです。

いや、きょう近場に行くかもしれないから、きょうまた見に行くかも。職場が近い人はいいなあ、できれば毎日通いたいです。

で、ここまで書いてしまって、やっぱりこの内容ではいくらなんでも、わけがわからないと思うので、クワクボさんのオフィシャルサイトの作品紹介リンクを貼っておきます。

リンク: 「10番目の感傷(点・線・面)」

いやあ、ホントよかった。

あとね、メディアアートみたいなものに、なんか適当にアンビエントっぽい音楽とかつけるのは、もういい加減にやめて欲しいとは思いました。

もちろん、クワクボさんは音楽なしです。

« 地デジでも1週間全番組録画する「SPIDER PRO」への誤解 | トップページ | ToDoの整理を放棄したToD.txtを「PlainText」でクラウド化したら、オレ的究極管理になった »

投稿:by 2011 02 03 12:05 PM [悪い景観,ドボク,工場萌え,Kojo-Moe, 文化・芸術] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/50763632

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年文化庁メディア芸術祭はもうクワクボリョウタ祭りでいいと思う:

 
We are bloggers.