みたいもん

トップ > とれるカメラバッグ > とれるカメラバッグ2:われわれはどんなカメラバッグを作ろうとしているのか?

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2011.02.07

とれるカメラバッグ2:われわれはどんなカメラバッグを作ろうとしているのか?




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、しれっと話したことが堀さんに拾われたおかげで、広まった様で、とてもうれしいです。

 リンク: Evernoteを単に情報整理ツールだと思っていると数年後に後悔するかもしれない理由 | Lifehacking.jp.

これが「Evernoteはライフスタイルサービス」だという意味です。「情報整理」という部分は、通過点に過ぎないのです。

で、なぜカメラバッグの企画の第1回でそんな話をしているのかというと、実はここにかかっているわけです。

世間で売られているカメラバッグというのは、その考え方は極めて正しいのですが、移動中にカメラと機材を守ることを前提に設計されています。

カメラで写真を撮る=撮影ということでは、それで問題ありません。照明をセットするなり、外でも三脚を立ててなんていう場合は、それでいいでしょう。

でも、そんな風に写真を撮る人は大多数ではありません。ふらふらと歩いていて、「あ!」と思ったら、すぐに写真が撮りたい。

子供の運動会みたいな、わりとシャッターチャンスがわかりやすい場合であっても、チャンスは何度もあるわけじゃありません。

その時使える機材は、さくっと全部持ち歩けて、かつシャッターチャンスを逃さないと、家族に超怒られるはずです。

ということで、第2回では、カメラバッグそのもののことではなく、カメラと生活ということを中心に話をしています。

カメラバッグという市場のことにまで話が及んでいるのは、おまけですね。

Toreru02

 リンク: 一眼レフカメラがすぐ取り出せるカメラバッグが欲しい! - とれるカメラバッグ.

いい写真を撮るということも大切ですが、 残念ながらシャッターを押さないと写真を撮れないんです。 だから、あっ!と、思ったときにすぐ出せる。 それが大事なんですよ。

それにしても、今のところの理想のカメラバッグに、今使っている一眼レフカメラをつっこんでいる私には、ずいぶん無理がありますね。

R8070040.JPG

というか、これ明らかに入ってませんねw。

とれるカメラバッグ
とれるカメラバッグ

« ToDoの整理を放棄したToD.txtを「PlainText」でクラウド化したら、オレ的究極管理になった | トップページ | 新宿ビル街でも星空が撮れるなんて、おれホントびっくりした »

投稿:by 2011 02 07 10:30 AM [とれるカメラバッグ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/50778462

この記事へのトラックバック一覧です: とれるカメラバッグ2:われわれはどんなカメラバッグを作ろうとしているのか?:

 
We are bloggers.