みたいもん

トップ > ロギングされる僕ら > 311東北地方太平洋沖地震:海外だからこそできる海外メディアの反応

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2011.03.14

311東北地方太平洋沖地震:海外だからこそできる海外メディアの反応




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の報道機関は、なんといっても災害の真っ最中なだけに、まずは被災の状況やその影響、行方不明者の情報などに、そのリソースを集中させています。

直後ですから、それは当然のこと。

ただ、海外メディアは、ある意味当事者でないが故に大事な記事が出ています。

まずは、エール的なもの。

 リンク: イギリス・インディペンデント紙一面「がん... on Twitpic.

イギリス・インディペンデント紙一面「がんばれ、日本。がんばれ、東北」

 リンク: Sympathy for Japan, and Admiration (ニューヨークタイムズより抄訳):公式ブログ - 烏丸学び舎.

The New York Timesの記事より抄訳です。

 リンク: 国内 / 【社説】不屈の日本 / The Wall Street Journal, Japan Online Edition - WSJ.com.

日本は現在、大規模な復旧に直面している。しかし、それは過去300年で最大の地震の後に必要になるかもしれなかった程度よりも、軽度なものだ。われわれは、日本に似たような警戒システムが他の地震国でも開発、導入されることを期待する。

 リンク: after 311: 危機対策専門家による東北地方太平洋沖地震の説明.

最後に、私達は「この災害はすぐには終わらない」と覚えておこう。この災害は、6ヵ月以内に姿を消すわけではない。あまりにも頻繁に、危機の後には2週間だけ報道カメラが押し寄せて、そして去っていく。しかし、復興とはマラソンだ。全速力でスタートし、そして間違いなく、とても長いマラソンになるのだ。

いずれも、そもそも日本が海外からどう見られているのかということだけではなく、当事者である今の日本では考えにくいことを示唆してくれる記事ばかりです。

さらに!

今、日本で何が起きているかを冷静に分析し、テクノロジーやノウハウで可視化してくれる記事。

311nyt

 リンク: The Crippled Japanese Nuclear Reactors - Interactive Feature - NYTimes.com.

311abc

 リンク: ABC News - Japan Earthquake: before and after.

今の日本のメディアには、ここまでやる余裕のあるところは、ほぼないわけで、海外のみなさんがやってくれていることにも目を向けておくことも大事なのではないかと思います。

【追記】

写真がすばらしい海外メディアのリンクを2つ追加。こと新聞系のWeb版だと、日本と海外のマスコミの編集力の差が歴然としてしまいます。

« 311東北地方太平洋沖地震:災害のときほど、いつも通りのことをやろう | トップページ | 311東北地方太平洋沖地震:災害のときだから、いつも通りのことをもっといつも通りにする人たち »

投稿:by 2011 03 14 01:00 AM [ロギングされる僕ら] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/51113636

この記事へのトラックバック一覧です: 311東北地方太平洋沖地震:海外だからこそできる海外メディアの反応:

 
We are bloggers.