みたいもん

トップ > ロギングされる僕ら > 311東北地方太平洋沖地震:被災地が欲しいものを直接送るアマゾンのほしい物リストは日々更新されています

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2011.04.20

311東北地方太平洋沖地震:被災地が欲しいものを直接送るアマゾンのほしい物リストは日々更新されています




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

アマゾンで、被災地からのウィッシュリストが公開されていることは、もう知っている人も多いのではないかと思います。

 リンク: Amazon.co.jp ヘルプ.

Amazon.co.jp では、被災地からの要請により、4月9日(土)から、ほしい物リストを使って、必要な物資のお届けをサポートし始めました。各被災地のほしい物リストは、以下のリンクをクリックしてご覧ください。

以下が、最初に始まった陸前高田消防団のウィッシュリスト。

Amazonrikuzentakada

 リンク: Amazon.co.jp: 陸前高田市消防団高田分団: ほしい物リスト.

このほしい物リストはお届け先住所が設定されていますので、陸前高田市消防団高田分団さんに直接お届けすることができます。

このアマゾン経由で、被災地が欲しいものを直接寄付するという画期的なシステムは、ユーザーからのアイデアによるものです。

 リンク: ツイッター x アマゾンで… - hamsterrific!.

ツイッター x アマゾンで、避難所必要品ギフト&デリバリーシステム誕生。

驚きの展開となったので、自分の備忘録的にまとめておきます。

ただ、少し前に見たときは、全部「発送済み」となってしまっていたんですね。

 リンク: [N] 被災地の陸前高田市消防団高田分団が必要な物資をAmazonでウィッシュリストとして公開.

週末にウィッシュリストが作成され、欲しい物が追加されるのをリアルタイムで見ていたのですが、追加されるそばから、次々に品物が送られていたようでした。 2011年4月11日12時10分現在、欲しい物リストに商品はありません。 今のところ陸前高田市消防団高田分団だけのようですが、この方法が広がると良いのですが。

そこから1週間ほど経って、リストは更新されていました。

ああ新しいリストがアップされてる!! アマゾンの<被災地から、具体的かつ直に送られてきた「ほしいものリスト」> 新たに陸前高田市消防団の「広田分団」から来てる!他にもどんどん、他の地もどんどんて思う。 http://goo.gl/lzk0X http://goo.gl/n5drUless than a minute ago via Saezuri Favorite Retweet Reply

さらに4月19日も更新されており、このアマゾンの被災地ほしい物リストは徐々に稼働してきているようです。

ただ、ちょっとわかりにくいのが、リストのステイタスが一目で分かりにくいこと。

リストの中には、既に発送されたものと購入されたものと未購入のものが、普通に見ると混在しているんですね。

これはリストの右上で「購入別で表示」を切り替えるとわかりやすくなります。

Amazonwishlist

リストとしては、既に発送されたものと購入されたものと未購入のものが混在していることは、あとでここで実際にどんな商品が動いたかどうかが後の災害時に必要なものがわかるという意味で価値があります。

アマゾン様におかれましては、しばらくしたら、ここで何が実際にどういう順番で求められて、売れたのかの情報を整理してもらえるともっといいと思いますが、とりあえず稼動しているだけでも、最高級にすばらしいことです。

被災もこういう段階に入ってくると、被災地にネットがあることの意味がもっと出てきますね。

【追記】

アマゾン本体だけではなく、ウィッシュリストを使った動きは他にも出ています。

 リンク: Amazon ほしい物リストから直接被災地へ支援 - ふんばろう東日本支援プロジェクト.

「ふんばろう東日本支援プロジェクト」のボランティアメンバーが、現地で直接伺ってきた希望支援物資の一覧を Amazon.co.jp様のほしい物リストとして登録いたしました。

被災地の人が直接入力するのではなく、こうやって被災地にいるボランティアメンバーが聞いてきてくれるというのはすばらしいです。

« とれるカメラバッグ10&11:新しいサンプルをさらに使い倒した!製品の完成まであと一歩! | トップページ | 日本のツイッターに起きている変化と今後へログへの期待 »

投稿:by 2011 04 20 12:30 PM [ロギングされる僕ら] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/51359027

この記事へのトラックバック一覧です: 311東北地方太平洋沖地震:被災地が欲しいものを直接送るアマゾンのほしい物リストは日々更新されています:

 
We are bloggers.