みたいもん

トップ > GIZMODO JAPAN > みたいもーど:被災地に光を届けるボランティアと余震という慣れの怖さ

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2011.04.08

みたいもーど:被災地に光を届けるボランティアと余震という慣れの怖さ




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

4月のGIZMODOの記事が公開されています。今月は、どうしようかと正直悩みました。

ただ、被災地にとって、まだまだ必要だと思ったとこと。

それに、この先被災地以外のところでも知ってるし知らないで違いが出ると思ったので、LEDによる簡易的な明かり(照明)のボランティアを紹介しました(そういえば、GIZMODOが緑色だ)。

Mitaimodo1104

 リンク: みたいもーど:被災地に光を届けるボランティアにはこんな簡単な方法がある : ギズモード・ジャパン.

とは言うものの、まだ被害の全貌が見えたわけでもなく、計画停電なども実施予定とされる中、非常時の明かりというのは、まだまだ求められています。

で、こんな記事が公開された直後に、東日本大震災での最大級の余震が夜中に起きました。

私はお店が岩手の牧場直営なので応援という言い訳で、のんきに焼肉を食べていたりしたのですが、この余震は最初の本震を思い出させるだけの揺れでした。

 リンク: 宮城で震度6強、東北で広域停電 最大級の余震M7.4  :日本経済新聞.

7日午後11時32分ごろ、東北地方を中心に強い地震があり、宮城県北、中部で震度6強、岩手県沿岸南部や宮城県南部などで震度6弱を記録した。震源は宮城県沖で、震源の深さは約40キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は7.4と推定される。

私は本震の時には自宅にいましたから、外で大きな地震を味わったのははじめてです。

いやあ、これは怖いです。とにかく、あの長さというのは人を不安にさせます。音にはわりと敏感なこともあり、普段と違う音がそこら中からしてくるのも、さらにそれを加速させます。

ただ、周囲の人と自然に声を掛け合う雰囲気があり、これが経験値というやつなんでしょうね。一度外に出て、安全を確認して、戻って盛岡冷麺食べました。おいしかったです。

そして、震源に近い宮城や他の東北地方は、もっと怖かったはずです。

私の知っている範囲でも、仙台を中心にして、本震以来はじめて余震で室内やもろもろに影響が出ている様子が確認できました。

さらにそこに追い打ちをかける停電。390万戸に影響が出ています(こういう情報が公式に出るの早くなりましたね、ホントすばらしいことです)。

Touhokuele

 リンク: 東北電力.

4月8日7時現在、当社管内の広い範囲で、3,861,564戸が停電しているものと推計しております。(3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による停電戸数を含みます)

つまり、やっぱりまだまだ緊急の明かりは必要でした。

ということで、最後にもう一度、この「震災復興簡易LEDボタンライト・Life Light Project」のバナーを貼っておきます。

Big_banner

自分は、油断しているつもりはなくても、車の運転でも、初心者マークが取れた直後がいちばん事故が多いとも言うように、慣れというのは地震そのものの怖さとは別に怖いものです。

過度な自粛や行動の制限は必要ありませんが、最初の本震の経験を無駄にしない意味も込めて、地震の際にその時の状況で行うべきことを振り返っておくといいではないかと思います。

« ツイッターの影響力を測定する「Klout」のスコアはその数値も使えるし、その変化はもっと使えそう | トップページ | 311東北地方太平洋沖地震:原発に対する疑問がひと通り出た今、読んでおきたいいちばん冷静な記事 »

投稿:by 2011 04 08 10:30 AM [GIZMODO JAPAN] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/51331466

この記事へのトラックバック一覧です: みたいもーど:被災地に光を届けるボランティアと余震という慣れの怖さ:

 
We are bloggers.