みたいもん

トップ > ガジェット > コンデジ・ミラーレス一眼に最速の三脚「Velbon ミニ三脚 CUBE」

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2011.04.13

コンデジ・ミラーレス一眼に最速の三脚「Velbon ミニ三脚 CUBE」




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

デジカメをお持ちのみなさん!三脚持ってますか?、もしくはこれまでにどれだけ無駄な三脚買いましたか?

私はもう3つぐらいは大きめの三脚で失敗して、ミニ三脚では4つぐらいは失敗しています。

  • 安定している三脚は重すぎる=持ち歩くのが嫌になる
  • 持ち歩ける三脚は結局ちゃっちで肝心なときに使いものにならない

理由としてはこんな感じでしょう。

でも、最近は特に高級コンデジが出てきたり、ミラーレス一眼が出てきたことにより、軽量で!かつ設置についても使い物になる三脚がそろそろ出てきてもいいはずでした。

で、今回はついに見つけたかも!というのが、Velbonのミニ三脚 CUBEです。

R8071506.JPG

重さは400g!これなら、リュックなんかがあれば、十分持ち運べる重さです。

高さは2段階。

足を伸ばさないいちばん低い状態で約20センチ。足を伸ばした状態で約90センチ。

途中で止められないことはできないわけではないですが、メーカーも推奨していないし、実際それで使うと倒れると思います。

また、カメラをのせる雲台もなかなかにすばらしい。

R8071507.JPG

カメラを固定してしまえば、角度などはクリップをつまんで自由に変更できます。

そして、最大の特長は足のセッティングがほぼ一瞬で終わること。メーカーの人が説明している動画があったので、以下で見てください。

ホント、出すのもしまうのも、一瞬でシュパッ!っと終わるんです。これは衝撃。

なお、いわゆるデジタル一眼レフで、この三脚を使うのは、ちょっと厳しいという感じです。

5Dとか7Dはまずダメですが、EOS kissクラスであれば、レンズ次第ではありますが、使えるんじゃないかと思います。

私は、NEX-5やコンデジで三脚使う場合(動画撮影など)に愛用しています。

以下は、船の上に三脚立てて、船の後方を撮影したもの。

この動画短いですが、実際には20分以上撮影しています。それでもまったく問題なく撮影できました。

この三脚はホントおすすめです!

Velbon ミニ三脚 CUBE
Velbon ミニ三脚 CUBE

« 篠山紀信のログとしての「元気な時代、それは山口百恵です 31日間の現在写真論」 | トップページ | 多木浩二さん訃報:どんなに感謝しても感謝したりない »

投稿:by 2011 04 13 02:19 PM [ガジェット] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: コンデジ・ミラーレス一眼に最速の三脚「Velbon ミニ三脚 CUBE」:

 
We are bloggers.