みたいもん

トップ > ロギングされる僕ら > 東京で被災地の今を知ることができるイベント「リボ---ン」に参加しよう

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2011.06.13

東京で被災地の今を知ることができるイベント「リボ---ン」に参加しよう




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

東日本大震災から、早くも3ヶ月。

震災復旧が進んでいるのかどうか、どうも報道からはいまいち伝わってこない感があります。

私自身は、東北地方の友人やゴールデンウィークにいったボランティア活動の中で知り合った人たちなどから、いろいろと事は動いてることを聞いてはいます。

要するに大事なのは、被災地の人たちの言葉を直接聞くことだと思ってます。

直接聞けば、自分がやれることは、まあいい大人であれば、すぐにわかるというものです。

ところが、これには運や偶然、ここまでの人生での人付き合いなどが影響して、誰にでもすぐできるってものではありません。

しかも東京を中心とした首都圏にいれば、なおさらのことです。

じゃあ、東京に被災地の人たちがきて、直接話す機会を作ってしまえばいいじゃないですか!と考えた人たちがいます。

で、その人達が開催するイベントが6月15日に開催されます。イベントの名前はリボ---ンです。

Rebooon_2

 リンク: リボ---ン.

きっと誰もが「何か自分に出来ることはないか」と考えながらも、出来ることが見付けられずにいるのだと思います。

私が見た範囲ですが、リボ---ンがいいなと思えるのは、以下のことです。

・寄付をチケット化していること
・被災地の人が自分の言葉で話す機会を提供していること

 リンク: 早わかりリボ---ンとリボ---ンの役割.

また、主催者の言葉も以下のページにまとめられています。こういうとき、人を動かすのは、やっぱり人の言葉ですからね。

 リンク: リボーーーンとは | リボ---ン.

ということで、以下参加申し込みのページです。

参加申込といっても、ATNDかfacebookでいきます!とするだけ。

きっと、当日参加でも問題ないはずです。日程のある人、日程調整できた人、当日予定が空いた人もみなさんぜひぜひどうぞ。

 リンク: リボーーーン : ATND.

 リンク: リボーーーン - そだてよう ぼくらの日本 - 復興支援プロジェクトとソーシャルを繋げるイベント.

私も、急用か緊急事態がなければ、当日会場にいると思います。

« みんな大好き「Turntable」がみんなDJになれる以上の素敵なサービスな理由 | トップページ | 今のベストブラウザーはパフォーマンス的にChromeでいいということをどう伝えるか »

投稿:by 2011 06 13 11:30 AM [ロギングされる僕ら] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/51932155

この記事へのトラックバック一覧です: 東京で被災地の今を知ることができるイベント「リボ---ン」に参加しよう:

» 防災用品 from 防災用品
「防災用品」非常持ち出し袋の通販専門店。 続きを読む

受信: Jun 21, 2011 12:52:29 PM

 
We are bloggers.