みたいもん

トップ > ツイッター 140文字が世界を変える > ツイッター本でご紹介した「GoogleSatTrack」にまたひとつの奇跡が!

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2011.07.26

ツイッター本でご紹介した「GoogleSatTrack」にまたひとつの奇跡が!




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

私のツイッター本の私のパートで、ネットで公開することで、思いも寄らないことが起こるという、すばらしい実例としてご紹介した柏井勇魚さんの「GoogleSatTrack」。

ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)
4839933162

その「GoogleSatTrack」がまたひとつの物語を生み出したそうです。

まあ、読んでくださいよ。ホント、こんなことって起こるんですね。

 リンク: Garbage Collection(2011-07-24).

今わが身に起きたことを振り返り、改めて驚愕する。今、なにが起きた?なんで地球の裏側でNASA-TVの画面を見ながら、一介のアマチュアプログラマーが緊張しながら設定ファイルの更新をしているんだ?!というか、そもそもなんであんなところに自分の作品が表示されているんだ?いや、どう考えてもおかしい。まるで意味が分からない。

なお、ここに至るまでの話を知らない人は、以下のリンクも事前でも事後でもいいので、ぜひお読みください。

どうです!

何を作り出して、自分の手元から外に出した人には、ちゃんと神様はご褒美を設定してくれるものなんですよ。

で、そういうご褒美みたいなことというのは、1個人にだけではなく、ちゃんと統計データとしても、形になります。

最近見たCMの中で、こういうご褒美の様な統計データをうまく使っていたのは、コカ・コーラのテレビCMでした。

▼そのコカ・コーラの名作CM(これには元ネタとなっている海外CMがある模様)

 リンク: コカ・コーラ パーク Coca-Cola Park | コカ・コーラ 「Reasons to Believe A」篇.

どうです?、素敵でしょう。

みんながなんとなく思っていてなんとなくやってることってのは、しっかり信念がなくても、少なくともネットでは、みんなの行動は、ちゃんとこういう数字となってあらわれるんです。

なんか、前後でつながりがないような感じになっているように見えるかもしれませんが、この前後はつながっていると私は思っています。

それは要するに、人とログってことなんですが!

ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である
4774144681

そのことを自分から多少でも「情報発信を意識」をしている人たちだけじゃなくて、意識しない人たちのことも、そろそろ考えていかないといかんなあとますます思った次第です。

って、やっぱりよくわからないエントリーになっていますが、とにかく柏井さんまたしてもおめでとうございます。

コントロールルームの真ん中に移っているのが拙作に見えるのは気のせいか...?less than a minute ago via TweetDeck Favorite Retweet Reply

« 子供が生まれて思うこと、そして名づけ(命名)のこと | トップページ | 腹式呼吸によるインナーマッスル効果で腹が凹んできてわかったこと »

投稿:by 2011 07 26 08:06 AM [ツイッター 140文字が世界を変える] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ツイッター本でご紹介した「GoogleSatTrack」にまたひとつの奇跡が!:

 
We are bloggers.