みたいもん

トップ > 訃報 > スティーブ・ジョブスの最後の作品とはなにであったのか?問題が解決

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2011.10.10

スティーブ・ジョブスの最後の作品とはなにであったのか?問題が解決




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

いや、ホントもういいんだけど、やっぱここまで書いておかないと来週から仕事できないので、やっぱり書いておきます。

それは、スティーブ・ジョブスの最後の作品はなんだったの?という問題です。

まず、アップル製品を使う1ユーザーとしてという見方があります。まあ、要するにiPhone4SかiPad2かなりますが、私としては、やっぱり最後まで、つまりプレゼンまで行ったiPad2こそが、最後の製品なんだという立場を取りたいです。

ただ、これは個々人が勝手に思って行けばいいことだと思うので、この話はこれでおしまい。

でだ!

製品だけがスティーブ・ジョブスの作品ではないことは、アップルストアのあの外見を見れば、十分に理解できることです。

ということで、実は、製品=ジョブス作品ではないわけです。

となると、最後の作品というのは、もうはっきりしていて、アップルの新社屋となるわけです。

 リンク: アップル本社の新社屋「マザーシップ」完成予想CG集 &ジョブズ市議会プレゼン -- Engadget Japanese.

アップルが計画中の新社屋 Apple Campus 2、通称「マザーシップ」(または「スペースシップ」) の完成予想CGを公開しました。地元クパチーノ市に提出した建築プランの一部で、4階建てリング状の社屋がほとんど架空建築アートの佇まいをみせています。

 リンク: 仏教の教えに導かれたスティーブ・ジョブズ、2015年に建つ新社屋に込めた思いとは? - ハピズム.

スティーブが描く夢の新社屋は大きな円状の建物。完成図を見せながら、「UFOが着陸したみたいだろう?」とジョークを飛ばし、「円なんだ。まっすぐなものは何もない。円なんだよ」と誇らしげにいう。

そして、この話もモダシンさんが教えてくれた話です。

この件については、私とモダシンさんで話の食い違いもあったのですが、こうして整理してエントリーとして書いてみると、やっぱモダシンさんの言う通りでした。

ということで、いつか完成したアップル新社屋にも行ってみたいなあ。

スティーブ・ジョブズ I
4062171260

スティーブ・ジョブズ II
4062171279

« もうスティーブ・ジョブス追悼はやめようと思ったけど、モダシンさんの話が素敵すぎる | トップページ | 2巻でついに物語の片鱗が見えた「純潔のマリア」は限定版を買うべき »

投稿:by 2011 10 10 01:22 AM [訃報] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/52951735

この記事へのトラックバック一覧です: スティーブ・ジョブスの最後の作品とはなにであったのか?問題が解決:

 
We are bloggers.