みたいもん

トップ > Webサービス > 時代はビックデータ、時代は勉強会=GXEB

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2011.11.14

時代はビックデータ、時代は勉強会=GXEB




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

これまで数々の伝説を作ってきた勉強会「GXEB」。

そのGXEB第4回が半年ぶりに開催されました。

DSC06737.JPG

今回は登壇側ではなく、1参加者として参加したわけですが、なぜこのGXEBが一部業界で話題になり、かつ面白く、かつ馬鹿らしく、なぜ男しか参加しないのか?

その答えが今回ではっきりと提示されました。

いま、最先端のビックデータを取り扱う唯一の勉強会、それがGXEBです! #gxeb
Nov 11 via Twitter for iPhoneFavoriteRetweetReply

そう、今話題のキーワード「ビッグデータ」です。

もちろん、GXEBで扱っているのは男のビックデータなので、そこがあれでなんなのですが、これほどピュアなビッグデータというのも、それこそなかなかお目にかかれないデータです。

そして、ピュアであるからこそ、その手法が磨かれるというのは、世の古今東西を問わず、常に繰り返されていることです。

でだ!

このデータ、それも顧客データをいかに活用するか?なんていう課題は、POSシステムしかり、なにしかり、それこそ天気なんていうジャンルは統計データの分析そのものであったりもして、実はコンピューター以前からあることです。

しかし、ここにネットとサービス・クラウドが加わって、われわれの生活のかなり近いところに顧客データ(それは購入履歴にはとどまらない)が密接に絡んでくるようになってきました。

そのおかげで、これよりもさらに1ランクレベルアップした形でのデータ解析というものが重要視されるようになってきました。

それを「ビッグデータ」と名づけて、各社しのぎを削っているわけです。

そして、この度、ある意味このGXEBの成果という形で(あとがき参照のこと)、このビッグデータの本が出版されています。

ビッグデータビジネスの時代 堅実にイノベーションを生み出すポスト・クラウドの戦略
479812530X

いやあ、すばらしいですね。

ビッグデータにつながるログデータがロールバックできないように、こんな本が出ることもロールバックできません(意味不明)。

ということで、しつこいですが、この本某所から「書評エントリー書かないと奥歯ガタガタ言わすぞ」という、なんというプレッシャーだ!をかけられたので、近いうちに改めて書評を書きたいと思います。

ああ、ビックデータまじパねえっす。

ビッグデータビジネスの時代 堅実にイノベーションを生み出すポスト・クラウドの戦略
479812530X

« やっと「とれるカメラバッグ」の実物を見ていただくことができるようになりました(日時限定) | トップページ | PicoTube、YouTubeをソースにした「turntable」クローンがついに登場! »

投稿:by 2011 11 14 10:30 AM [Webサービス] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/53225421

この記事へのトラックバック一覧です: 時代はビックデータ、時代は勉強会=GXEB:

 
We are bloggers.