みたいもん

トップ > GR DIGITAL > GR DIGITAL 4の圧倒的な高画質はミラーレースを超え、一眼に迫る勢い

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2011.11.24

GR DIGITAL 4の圧倒的な高画質はミラーレースを超え、一眼に迫る勢い




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

GR DIGITAL 4のGR DIGITAL 3からのアップデートというのは、一見地味です。

見た目は、これはもう伝統になりつつあるデザインで、ほぼ変更なし
レンズも基本同じ
画素数もアップしていない

だから、「見ればわかる!」というアップデートにはなっていません。

ところが!今回のアップデートというのは、実は「撮ればわかる!」アップデートだったのです。

GR4を受け取ってからというもの、すっかりGR4しか使わない人になってしまっているのは、そのせいです。

とにかく、上がってきた写真への満足度が高すぎる。

R0011317

GR、というかリコー伝統の、異常なまでのマクロの強さは、当然限界まで引き上げられています。

R0011033.JPG

ああ、素敵。

R0010087.JPG

なんて、素敵。

そして、これまでGRが苦手だった暗いところでの撮影も、克服しつつあります。

R0010071.JPG

ここは、東京ミッドタウンにあるスタバの外ですが、現場は相当暗いです。

R0010078.JPG

これはISO感度800ぐらいまでは使えるようになったことと、ダイナミックレンジの拡大による恩恵です。

ということで、実はこれまでGRが苦手としていた若干照明の暗い夜のお店なんていうのも、問題なくなったということです。

R0010678.JPG

今回のGR4がいかに高画質を意識しているのか?ということについては、以下のリンク先でのshio先生の話も、ぜひ聞いて欲しいのですが!

リンク: Modern Syntax Radio Show 286回目 - @shiology の巻 - [モ]Modern Syntax.

後半のGR Digita 4のお話ですが、iPhone 4と4Sが外見一緒でも中身全然別物のでできることも全然違うってのと同じようにGR Digitalも4になってかなりよくなっているみたいですね。

なんで、その高画質に感激しているのか?ということをもう少しひもといておきましょう。

下の写真、相模湖です。なんのへんてつもない風景に見えますね。空の真ん中には、送電線が走っていることが、ちゃんと描画されています。

R0011270.JPG

で、話はここで終わりません。この送電線の部分をちょっとオリジナルサイズの拡大ショットで見てみましょう。

6369435057_887921e5ba_o

どこを拡大しているかわかりますか?

6369435057_887921e5ba_b

そう、ぼけっと見てると見逃してしまう送電線のつなぎ目。そこまでちゃんと解像して描写しているんです。

ある意味、肉眼超えてます。実際、私は現場で送電線が頭上にあることはわかってましたけど、つなぎ目のことまでわかってませんでした。

ここまで解像してくれると、私のようにブログメインで使っている人でとってもメリットがあります。

それは、写真をトリミングして見せたいところだけ拡大できるということです。

で、このメリットって、これまではフルサイズの一眼レフでもない限り得られなかったことです。

ちょうど、一眼レフのこんなブレ問題も報告されている中、

 リンク: 一眼レフが抱えるブレ問題,その深刻さが明らかに - 日経エレクトロニクス - Tech-On!.

カ メラ・メーカーが困惑している。問題の深刻さを,白日の下にさらす測定ツールが登場したからだ。開発したのは,簡便で的確な手ブレ補正効果の測定法を生ん だ電気通信大学 電気通信学部 情報通信工学科 准教授の西一樹氏の研究室と谷電機工業。問題とは,一眼レフ・カメラが内蔵するミラーやシャッターの動作に起因する像のブレである。

画質だけを考えても、なんかもう一眼レフとか、ミラーレス一眼とか、コンデジとかっていうジャンル分けには、ほとんど意味がなくなってきたんだなあということを、新しいGR DIGITAL 4を使っていて感じています。

スペック競争のレールにはあえてのらずに、その画質だけを磨きに磨いたリコーの開発者のみなさんに敬意を表します。

すごい!ホントにすごいよ!GR4!

【GR DIGITAL 4のモニタープレゼントキャンペーン関連記事】

RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL IV
B005NGLWSK

RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL IV ホワイトエディション
B005NGLWPI

« Flipboardがtumblr対応でさらに悪魔的進化、そしてiPhone版の予告まで! | トップページ | EPSONのホームプロジェクター「MG-850HD」だけでイベントほぼ乗り切ってきました[PR] »

投稿:by 2011 11 24 12:17 PM [GR DIGITAL] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: GR DIGITAL 4の圧倒的な高画質はミラーレースを超え、一眼に迫る勢い:

 
We are bloggers.