みたいもん

トップ > 一眼,デジカメ(デジタル一眼レフ) > 2012年は「ミラーレス一眼+EVF」のデジカメを買うぞ!

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2012.01.17

2012年は「ミラーレス一眼+EVF」のデジカメを買うぞ!




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

大事なことなので、何度も言いますが、2011年という年は、私にとってはデジカメを1台も買わないという年でした。

それはもう単純に心から欲しい!と思うデジカメがなく、同時に手持ちのものに満足していたということです。

ただ、2011年という年は同時に東日本大震災があり、タイで洪水があり、デジカメの製造に直結する被害が多く出た年でもありました。

 リンク: ニコン、タイ工場が操業再開。想定より早く - デジカメWatch.

そんな中、1月にはCES、2月にはCP+と、各社新製品の発表の時期を向かえて、会社によっては、去年出荷できなかったものが、やっと出荷される!ということにもなっています。

ということで、2012年はすでにいろいろなデジカメの発売を控えているのですが、個人的には今年狙いたいデジカメはこれです。

ミラーレス一眼+EVF

EVFは、本体内蔵オンリーです。後付のEVFはやっぱり不恰好になるし、結果使わなくなることが予想できるからです。

以下、その理由。

  • やっぱり一眼レフ、それもフルサイズは重い
  • 毎日持ち運べる大きさ
  • ミラーレスの性能が向上してきて、そこら辺の一眼には勝てるものも出てきた
  • 以前はとても使う気になれなかったEVFの性能が向上して使えるものが出てきた
  • 写真はやっぱりファインダーをのぞきこんで撮る方が楽しい
  • ぜいたくだが、静止画(スチル)と動画(ムービー)もちゃんと撮りたい

ということで、以下気になるデジカメをチェック。

まずは、実はスルーしようと思ってたフジフィルムのレンズ交換式のミラーレス。

 リンク: 【CES/PMA】富士フイルム、レンズ交換式ミラーレス「FUJIFILM X-Pro1」を発表 - デジカメWatch.

撮像素子は有効1,630万画素のX-Trans CMOS sensor。センサーサイズは23.6×15.6mmのいわゆるAPS-Csサイズ相当。光学ローパスフィルターは省略した。カラーフィルター配列をベ イヤー方式の2×2ピクセルセットから6×6ピクセルセットに変更、偽色とモアレの低減を図ったという。超音波を利用したダスト対策機構も装備。    

なんといっても、このスペックにとても心ひかれる。ローパスフィルターをなくしたってのは、すごい。

そして、デザインもX100などと比較すると、この富士フイルムのオールドカメラスタイルも、だいぶこなれてきた気がします。

気になるのは、レンズですが、そこそこ使えそうな30mmぐらいのレンズも出るので(35mm換算で50mm)、とりあえずは十分かなと。

CP+で人気となるのだと思いますが、ぜひ実機で確認したい。

次!

これもスルーしようと思ってたニコンのミラーレス。

 リンク: やまけんの出張食い倒れ日記: 今年使ってびっくらこいたカメラの話 ――ニコンV1は未来から来たカメラである!.

ということで、このカメラは、センサーの性能と画像エンジンの性能、そして瞬時に合うAF性能の三つを備えたことで、とりあえずカメラ任せでかなりいい絵が撮れますよ、というカメラととらえるべきなのだと思う。そう考えてみると、いきなり楽になる。

なるほどなるほど、言ってることはよくわかります。

となると、気になるのは動画性能。

うう、うーん。1080Pでこれか…。

 リンク: 【CES/PMA】「D4」と「Nikon 1」をアピールしたニコン - デジカメWatch.

D4以外でニコンが力を入れて展示していたのが、Nikon 1 V1とNikon 1 J1だ。中でも「Nikon 1 Concept for the Future」と銘打たれたコーナーでは、Nikon 1 J1の未発売カラーバリエーションや、新1 NIKKORレンズのモックアップなどを展示。2011年9月に日本で行なわれた発表会で披露されたものがほとんどだが、カラー提案の多さには驚かされる。

ただし!紫色のV1が発売されたら、それはヤバい。超欲しい。

他にも、普通ミラーレスでは使わないような色を使っていて、これが全部発売されたら、それはニコンすごい。

反面、ある意味ミラーレスに対しては、いまのところ全社的にスルーとなっているキヤノン。

とはいえ、FUJIFILM X-Pro1よりは小さいけど、コンデジよりはずっと大きい撮像素子を装備して、新しいPowerShotのG1Xが登場しています。

 リンク: 【CES/PMA】キヤノン、「PowerShot G1 X」の実機を展示 - デジカメWatch.

PowerShot G1 Xは、撮像素子に18.7×14mmのCMOSセンサーを採用したレンズ一体型機。センサーのアスペクト比は4:3で、撮像面積としてはフォーサーズおよびマイクロフォーサーズに近い。会場でも説明担当が「マイクロフォーサーズと同じくらい」との説明を頻繁にしていた。

でも、まあこれはいいかな。

とにかくキヤノンさんにおかれては、ミラーレスをどうするのか、早くはっきりして欲しい(笑)。

EFレンズが使えなくても、マウンタアダプター(トランスルーセント)などで対応できるのであれば、ソニーにおけるαとNEXみたいな関係になりますから、レンズ資産は死にません。

そして、本命は今デジカメメーカーの中でも、もろもろで実質トップを走るソニー。

しれっと360度のパノラマとか発表したりしています。

 リンク: ソニー、360度のスイングパノラマに対応したサイバーショットを海外発表 - デジカメWatch.

いずれのモデルも、360度のパノラマ撮影ができる「360 Sweep Panorama」機能を新たに搭載する。

NEX-7は、すでにアメリカでは発売されているので、US在住のNEX野郎drikinがいろいろとアップしています。

ご存知のように、NEXの物足りない部分というのはレンズなのですが、その物足りないレンズを使っても、この動画。

初めてのNEX-7動画 miyagawa編 from drikin on Vimeo.

 リンク: NEX-7の動画撮影に初トライ! - Drift Diary XIII.

とりあえず全自動モードで何も考えずに撮影したんですがちょっとこのクオリティーやばくないですか?w

こレはヤバい。さすがソニー。動画に関しては、他社を圧倒してます。

そこにみやーんがいるような雰囲気、空気感まで再現されているかのような動画です。

さらに、NEXにはやっと期待していたsigmaからのEマウントの交換レンズが出ます!

リンク: シグマ、ミラーレスカメラ用交換レンズを発表。「19mm F2.8 EX DN」と「30mm F2.8 EX DN」 - デジカメWatch.

シグマは10日、ミラーレスカメラ用の交換レンズ市場に参入すると発表した。第1弾として「SIGMA 19mm F2.8 EX DN」と「SIGMA 30mm F2.8 EX DN」の発売を発表。

ああ、どっちも欲しい。超欲しい。まずは、このレンズをどちらか買ってNEX-5で使うか、それとも先にNEX-7にいってしまうか、そこを悩んでいます。

ということで、現状は本命NEX-7かsigmaのEマウントレンズ、伏兵X-Pro1といったところでしょうか?

ああ、でもやっとこういううれしい悩みが出てきました。これはいいことだ!

« 北川景子のブログにみる師の訃報に対するもっとも真摯な姿 | トップページ | Pinterestはネットではなく、世界をコレクションするサービスである »

投稿:by 2012 01 17 10:30 AM [一眼,デジカメ(デジタル一眼レフ)] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年は「ミラーレス一眼+EVF」のデジカメを買うぞ!:

 
We are bloggers.