みたいもん

トップ > アニメ・コミック > 羽海野チカの謎が2つもとける「萩尾望都・対談集」はファンなら必読ですよ!

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2012.05.02

羽海野チカの謎が2つもとける「萩尾望都・対談集」はファンなら必読ですよ!




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

萩尾望都先生、紫綬褒章おめでとうございます。

ぼくのベストモー様は、銀の三角・スターレッド・メッシュです。

 リンク: 萩尾望都さん・紫綬褒章インタビュー全文掲載 | NHK「かぶん」ブログ:NHK.

はい、そうです。時間を自由に操作します。

ということで、すっかり書きそこねていたこと、つまり萩尾望都先生と羽海野チカ先生のことを書いておこうと思います。

少し前に出た萩尾望都先生の対談集。

マンガのあなた SFのわたし 萩尾望都・対談集 1970年代編
4309273076

この本、基本1970年代に行われた対話をまとめたものなのですが、今回本になるのに合わせて、特別対談として、羽海野チカ先生との対談も収録されています。

でね!

ぼくはこれで、羽海野チカ先生の謎が、ひとつとけたんですよ。

ハチクロを読んでいて、ずっと疑問に思っていたことがあって、それはあの話は、もっとしっかりはぐちゃんの話にできた話だと思うんですよ(というか山田が不幸すぎる)。

で、それを踏まえて、今連載している『三月のライオン』を読んでいると、ああなるほどと思うというか、今回の方がその路線が強く出ていることがあります。

3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)
459214516X

それは、「この世界には実にいろんな世界がある」ということです。ウミノ先生は、それを描こうとしている様に思えます。

そして、この萩尾・羽海野対談で、羽海野チカ先生は、はっきりと自分が「萩尾望都チルドレン」であることを話されています。

ああ!そうか!ということです。

萩尾望都先生といえば、「世界はひとつじゃない」ということを、徹頭徹尾描いている方です。

羽海野チカ=萩尾望都チルドレンであるなら、そのことについて自覚的でないわけがないんです。

そして、世界がひとつではないということを描こうとすると、そこには越境に関する描写がつきまとうはずです。

それは、スターレッドの様に、火星の人たちと地球の人たちという越境として描かれることもあるだろうし、まさに物理的な越境も描かれるわけです。

そうなると、『三月のライオン』で大事なシーンが、何度も中央大橋で描かれるのも、とても納得ができますし、同時にやっぱり、そのシーンにぐっとくるわけです(当たり前だ!)。

さらに、先ほどの萩尾・羽海野対談の中では、『三月のライオン』の舞台が、なぜ月島なのかについても羽海野先生が、その理由を話しています。

詳細は読んでもらうとしても、理由は、やはり川でした。

『三月のライオン』の1巻を最初に読んだときから、その背景とそこに描かれている川の描写は印象的でしたから、なるほどなあと、ここでももう1つ謎がとけて、私はすごく幸せです。

ということで、羽海野チカファンのみなさん、ぜひこの対談読んでみてくださいませ。他にも、いい話がてんこ盛りですよ。

マンガのあなた SFのわたし 萩尾望都・対談集 1970年代編
R0013763.JPG

« とれるカメラバッグは、写真好きのトラベラーにこそおすすめしたい! | トップページ | つくばの竜巻被害のニュースで、アメリカの竜巻サインを思い出した »

投稿:by 2012 05 02 10:30 AM [アニメ・コミック] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/54609374

この記事へのトラックバック一覧です: 羽海野チカの謎が2つもとける「萩尾望都・対談集」はファンなら必読ですよ!:

 
We are bloggers.