みたいもん

トップ > 自動車,環境,車社会 > 表参道のA1ショップテラス東京、建物とかすばらしい上に超太っ腹企画あるのに、ソーシャルメディア対応の弾幕が薄すぎる件

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2012.08.27

表参道のA1ショップテラス東京、建物とかすばらしい上に超太っ腹企画あるのに、ソーシャルメディア対応の弾幕が薄すぎる件




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもお世話になっているワンドラこと「wonder driving」。

 リンク: ブログメディア「wonder driving」開設1周年-乗り物とホビーに特化 /東京 (みんなの経済新聞ネットワーク) - Yahoo!ニュース.

気づけば1周年ですね、それでヤフーニュース掲載とか、やるなあ、ワンドラ

ここ3年ぐらい、私はそれまで縁がなかった車と船(ボート)を楽しんでいるのですが、それもこれもワンドラとのまさんのおかげです。

ということで、ワンドラさんからアウディの面白そうなショップが表参道にあるよと、お誘いを受けたのです。

 リンク: アウディのオシャレなカフェ、表参道にて期間限定営業中! A1 Shop Terrace Tokyo【ワンダードライビング】.

売っているのは DEAN&DELUCAの限定プレミアムドリンク。暑い夏、少し立ち寄って涼をとりながらAudi A1を眺めるもヨシです。

そうそう、思い出してみれば、車に縁がなかった頃に、アウディさんに試乗会に呼んでいただけたのも、当時はまだ持っていなかった普通自動車免許の大きなきっかけになっていたのでした。

 リンク: Audi新車発表会、感性と感覚に訴えかけるAudiS4/A4の知性:[mi]みたいもん!.

つまり、人というものの知性を信用して、頭ではなく、身体に感じさせて身体に理解させようとしているんじゃないかと。まさに「考えるんじゃない!感じるんだ!」です。

助手席に乗っていただけだったのですが、それでもいろいろなことを考える機会になりました。だから、「ああ、これは運転しないといかんのだな」と思ったわけです。

ホントアウディさんありがとう。

ということで、そのアウディさんのショップだから、やっぱりいくのです。

ただ、場所を聞いておかしいな?と思ったのが、その場所にはビルがあったはずで、アウディのショップなんか作れる場所なんかないはずなんですよ。

でね、行ってみるとさ。

ホントにあるんですよ。いや、ないわけがないんですけど、なんかすごくびっくりしました。

P8210839.JPG

 リンク: A1 Shop Terrace Tokyo 8/2 Thu.-10/31 Wed. > Audi Events > Audi Japan.

《A1 Shop Terrace Tokyo》は、今年6月にデビューしたAudi A1 Sportbackをはじめとする、Audi A1の魅力を存分にご体験いただけるスペースです。実車展示のほか、DEAN & DELUCAの限定プレミアムドリンクを提供する《A1 Terrace Bar》や、Audi A1 Sportbackで行くアーバンクルージングに毎日1組様をご招待いたします。

なんという唐突感。

青山通りの青学側を表参道から渋谷方向に歩いていき、スパイラルホールの先に、突然、このA1ショップはあらわれます。

いや、おかしいぞ。ここにはビルがあったはず…。ストリートビューで確認してみると、やっぱり少し前までビルだったようです。

この変貌ぶりには、やっぱりビビるので、A1ショップの人に話を聞いてみたら、やっぱり最近ビルがこわされて、このA1ショップは期間限定なんだそうです。

まあ、実はA1ショップと言っても、アウディの車を売っているわけではなくて、いわゆるショールームです。

だから、こんな設計。いやあ、ちょっとどうかしてます。

P8210830.JPG

そう、あの初代TTクーペで、だれも思ってなかった、プロトタイプをほぼそのまま実車として、まさかのそのまま販売するということをなしとげたデザインのアウディ。

 リンク: アウディ デザイナー 和田 智 インタビュー|Audi DESIGN | Web Magazine OPENERS - AUDI.

1998年──自動車デザイン界に衝撃をもたらした1台のクルマが誕生した。1900年代初頭より、イギリスはマン島で開催されていたレース「ツーリスト・トロフィ」の頭文字を車名にいただく、アウディ TTである。その極めてシンプル、かつ過去の自動車デザインの文脈から逸脱した個性あふれる造形は、合理主義、機能主義的なモダンデザインの源流を生み出したともいわれる、ドイツの美術/建築学校「バウハウス」の思想を感じさせることから、“走るバウハウス”などとも形容され、たちまち世界中のクルマ好きの心を捉えた。 そして、その類い希なる造形を生み出したのがアウディのデザインセンターである。同社は初代TTを筆頭に、高いデザインクオリティをほこるモデルをマーケットに送り込むことで、90年代後半より自動車デザインを牽引してきたと言っても過言ではない。

そのアウディらしい、とてもデザインされた素敵な建物です。

P8210862.JPG

建物自体がAの形になっています。

でも、デザインの巧妙さというのは、それが建物であるが故に、中に入って、その空間を味わってこそのものです。

まず、エントランスがいいです。

P8210844.JPG

ここから、なんかいつも違う世界に入ることを感じさせてくれます。

そして、音の遮断されぐあいと、それによる外と中の隔離具合がなんとも絶妙。車を見るだけではなく、スペシャルオリジナルドリンクをいただいて、なんかうだうだとそこにいるのが楽しくなってしまう空間に仕上がっています。

P8210850.JPG

外を見ようとすると、まずはアウディの例のロゴがドーン。

P8210851.JPG

そして、外には「Audi A1 SAMURAI BLUE Limited Edition」が見えます。

P8210832.JPG

これ、内装までかなり気合の入ったスペシャルエディションでしたよ。

P8210857.JPG

で、まあここまででもかなり面白い内容が入っているのですが、そこからさらにもうひとネタくるんです。

P8210845.JPG

 リンク: Car Watch アウディ、表参道に「A1ショップ テラス 東京」期間限定開設.

またA1ショップ テラス 東京では、「A1 ランチクルーズ」が実施される。これは毎日限定1組にA1 スポーツバックを貸し出し、東京のドライブを楽しんでもらうというもの。このとき渡されるクルージング・マップを提携店で見せると、割引やドリンクサービスなどの特典を受けられる仕掛けもある。

 リンク: A1 Shop Terrace Tokyo 8/2 Thu.-10/31 Wed. > Audi Events > Audi Japan.

A1 Lunch Cruising Mapを見る (2 MB)

え?なんですっててて?

1日1組限定ですが、A1という車をタダで貸してくれて、しかもその食事のサポートまでしてくれるって、アウディさん、どこまで太っ腹なんですか?

これは以前アウディの広報の方から聞いたことなんですが、アウディはどのクラスでもどのサイズでも、その乗り味でアウディらしさを失うことはないそうです。

実は、私A1は乗ったことがあり、それはホントにそうなんです。で、それをタダで味わえるチャンスなんです。

しかも、大人気すぎて、もうかなりの品薄になっている缶コーヒーボスとのミニカー企画まであるんです。

R0014079

 リンク: アウディ コレクション BOSS(ボス) サントリー.

なんか車じゃないものも写ってしまっていますが、私もうっかり4つも買ってしまいました。

こんなネタだらけの今のアウディ。当然、われわれソーシャルメディアで、いろいろと書きたいわけです。

で、さすがに今時なので、アウディ、facebookもツイッターも公式あります。A1に至っては、A1だけのツイッターアカウントもあるんです。

facebookには、このA1ショップの模様がいくつか掲載されています。

でも、シェア23とか、これ少なすぎます。だって、アウディジャパンのfacebookページをいいね!している人は、23,653人もいるんですよ!

ツイッターも2つも公式アカウントがあるのに!このA1ショップについては、この1ツイートしか、とりあえず発見できませんでした。

しかも、これDEAN & DELUCAのツイートのRTやないかい!もうね、これ言いたくないけど、言わせてもらうよ!

アウディなにやってんの!ソーシャルメディアへの弾幕薄いよ!

A1ショップでツイッターのハッシュタグや、せめて公式アカウントの案内してくれるだけで、ぜんぜん違うのに!

むきー、投稿先がないよおお。

ということで、今こんなブログを書いているわけなので、アウディジャパンのみなさんにおかれましては、まだまだ10月末まで、このA1ショップは開催期間は残されています。

だから、要するにまだぜんぜん間に合うので、ぜひソーシャルメディア対策をしていただければと願う次第であります。

« 【新連載】roomieで「家を考える」という連載をはじめました、おれ大丈夫なのか? | トップページ | ひらくPCバッグ第4回「すごいファーストサンプルがやってきた!」 #hirakupcbag »

投稿:by 2012 08 27 10:30 AM [自動車,環境,車社会] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/55488280

この記事へのトラックバック一覧です: 表参道のA1ショップテラス東京、建物とかすばらしい上に超太っ腹企画あるのに、ソーシャルメディア対応の弾幕が薄すぎる件:

 
We are bloggers.